「アスクル」企業向け産業保健支援サービスを開始

アスクル株式会社(東京都江東区、以下「アスクル」)は、2019年5月30日より、事業所向け(BtoB)サービス「ASKUL」「ソロエルアリーナ」で、メドピアグループの株式会社Mediplatが運営する企業向け産業保健支援サービス「first call」の提供を開始した。
働き方改革、労働環境改善、従業員の健康増進など、企業の「健康経営」推進の要請は今後より一層高まっていくことから、アスクルでは、顧客の健康経営推進を支援するため新たな事業領域「健康経営サービス事業」へ参入する。
第一弾として、「オンライン産業医®」、「オンライン医療相談」、「ストレスチェック」を利用できる産業保健支援サービス「first call」の提供を開始し、従業員の健康管理をワンストップでサポートすると同時に、オンライン化によって人事労務担当者の業務負担を軽減する。アスクルは今後もお客様のニーズに応えてサービス拡充を進め、すべての仕事場にさらなる“便利”を提供することを目指す。

https://www.askul.co.jp/f/services/firstcall/

■サービス提供開始の背景
2019年4月の「働き方改革関連法」の施行など、近時企業における「健康経営」のニーズが高まっている。従業員が健康で安心して働ける労働環境をどう実現するかが企業の重点課題ともいえる一方、各企業で独自に対応を進め体制を構築するには時間もコストもかかるという側面もあった。
中でも、労働安全衛生法で50名以上の事業所に義務付けられている産業医面談実施については、面談回数の増加、遠隔地での業務に従事する従業員を抱える企業やテレワーク制度を採用している企業で、個別面談の調整に手間と工数がかかるという企業の悩みがあった。
今回はこうした企業の課題を解決するため、産業保健支援サービス「first call」を提供し、産業医面談のスケジュール調整や、面談そのものをオンラインで実現する「オンライン産業医®」、専門医に体調不良などをいつでもチャットやテレビ電話で気軽に相談できる「オンライン医療相談」、Webやアプリで簡単に実施可能な「ストレスチェック」の3つのサービスによって、業務の効率化に貢献することを目指す。
アスクルでは、5月30日より、まずは東京都23区の顧客向け「first call」の提供を開始、今後全国展開への検討を進めていく。

■サービス概要

①オンライン産業医®
産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービス。産業医面談をオンラインでも可能とすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減する。
②オンライン医療相談
日常生活における自身や家族の健康上の不安や悩みについて、チャットやテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談ができるサービス。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談に医師が実名で回答する。
③ストレスチェック
Webやアプリで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービス(アプリは2019年6月より提供開始)。オンライン医療相談の無料オプションとして提供し、オンライン産業医®と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上で、ワンストップで実施することが可能となる。

■株式会社Mediplat概要
会社名:株式会社Mediplat (メドピア株式会社子会社)
所在地:東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設立:2015年11月
代表者:代表取締役 CEO 林 光洋
事業内容:産業保健支援サービス「first call」の運営、
ライフログプラットフォーム事業
URL:https://firstcall.md/Home/About