クラウド型医療画像管理システムをサービス開始

株式会社ジウン(福岡県福岡市)は、2019年3月28日からクラウド型医療画像管理システム『SonicDICOM PACS Cloudベータ版』(以下PACS)の提供を開始した。Web上でアカウント登録すると、1分でPACSの利用を開始できる。また無料で3GBまでクラウド上のPACSに画像を保存することも可能だ。今後、数ヶ月以内に有料プランを加え、正式なサービスの提供を開始する予定。

・SonicDICOM PACS Cloudの概要
PACSは、撮影した検査画像をクラウド上に保存し、パソコンやタブレットからURLにアクセスするだけで、世界中どこからでも閲覧できるサービス。他施設との検査画像の共有が簡単にできるほか、施設内にサーバーを設置する必要がないため、サーバー機器の購入・更新・管理時のコストがかからず、導入コストを抑えられる。

【利用シーン】
1) メインのPACS、またはメインのPACSのバックアップとして利用する
サーバーを院内に持つ必要がなく、物理的に離れた場所にデータを保管できるため、ハードウェアの障害や災害によるデータ消失リスクに備えることができる。
 
2) 施設外から画像を閲覧する
在宅時や移動中など状況や場所を問わず画像を閲覧できる。
夜間救急などで、院内に担当医が不在の際に、院外にいる医師が画像を閲覧できる。

3) PACSの導入コストを抑える
サーバーのコストなしで導入でき、新規開業の場合は開業資金を抑えられる。

4) 検査画像を共有する
他の施設や、医療水準のより高い国の読影医と検査画像を共有し、読影してもらうことができる。

5) 個人での利用(医師・研究者・学生・患者)
収集した検査画像を保管し、研究や学会発表などに利用できる。
患者自身が自分や家族の検査画像を保管することで、病歴の開示やセカンドオピニオンなどに利用することも可能。

PACSのサービスは中小企業等経営強化法(新連携)に基づき経済産業省の認定を受けた事業計画によって開発された。

[SonicDICOM PACS Cloud] https://ja.sonicdicom.com/cloud/