医療・介護福祉VRの「ジョリーグッド」、資金調達累計額が11.5億円に

医療・介護福祉分野を中心にVR人材育成サービスを展開する、株式会社ジョリーグッド(東京都中央区)は、資金調達ラウンドのシリーズBで、先立って発表したSBIインベストメント株式会社、新生企業投資株式会社関連のファンド、株式会社MBSイノベーションドライブの3社に加え、新たにアクシル・ライフサイエンス&ヘルスケアファンド1号投資事業有限責任組合より追加出資を受け、総額6,5億円の資金調達を行ったことを発表した。
今回の調達により、ジョリーグッドの累計調達額は約11,5億円になった。

ジョリーグッドは、テレビ業界トップシェアのプロフェッショナル向けVRソリューション「GuruVR Media Pro」をはじめとする高精度VRテクノロジーと行動解析AIにより、医療研修VR、介護研修VR「ケアブル」、発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR「emou」など、人の成長を加速するトレーニングVRサービスを展開している。
今回の調達により、これらのサービスをさらに多くの地域や施設、そして個人へ届けるために、品質の向上と組織体制の拡充を図る方針。

■シリーズBラウンドの引受先
・SBIインベストメント株式会社(SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合)
・新生ベンチャーパートナーズ有限責任事業組合(新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合)
・アクシル・キャピタル・パートナーズ有限責任事業組合(アクシル・ライフサイエンス&ヘルスケアファンド1号 投資事業有限責任組合)
・株式会社MBSイノベーションドライブ

■ジョリーグッドについて
ジョリーグッドは、テレビ・広告業界の先端テクノロジーサービス開発のプロフェッショナルとハイスキルなITエンジニア、制作チームらで構成された、クリエイティブ・テクノロジーカンパニー。先端テクノロジーを、地域の生活者や一般企業が技術的なハードルを感じることなく、“直感的に触れることができるプラットフォーム”にデザインして、多くの企業や自治体に提供している。

医療研修VR
医療研修VRは、執刀医や器械出し看護師などの手術スタッフの目線で手術体験が可能なVRサービス。ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーなどの医療機器メーカーを始め、様々な地域の医師や看護師に向けて医療学会内のハンズオンセミナーにて多々活用されている。

介護研修VR「ケアブル」
ケアブルは、介護の現場で起こりうる様々なシーンを、介護職員と被介護者の両方を当事者目線で体験することができる介護研修VRサービス。初任者の現場研修をVRで手間なく簡単に実施することで、多様化する介護人材の早期離職を防止する。また採用やレクイベント、リハビリに使えるVRもセットで提供している。

発達障害向けソーシャルスキルトレーニングVR「emou」(エモウ)
emouは、学校生活や職場などの日常生活の中で欠かせないソーシャルスキル(※1)を、VRのリアルな空間内でトレーニングを行うことができる発達障害向け支援プログラム。全国各地の就労支援機関、放課後等デイサービスなどで続々と導入が進んでいる。(導入社例:株式会社Kaien、ありがとうファミリー株式会社、ひふみよ株式会社、学校法人岩谷学園、ブレインクリニック東京など)

※1:ソーシャルスキル:対人関係や集団行動を上手に営んでいくためのコミュニケーション力のこと

■「GuruVR Multi Seminar」(グルブイアール・マルチセミナー)
GuruVR Multi Seminarは、VRによる1対多の集合研修を実現するVRセミナーシステム。講師用タブレットで一斉操作のほか、受講ユーザーの視野のマルチ表示など、VR研修の運用を誰でも直感的に行うことができる。本システムは、前述した医療研修VR、介護研修VR「ケアブル」、発達障害向けSST VR 「emou」の集合研修にて活用されている。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ジョリーグッド(Jolly Good Inc.)
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-11 人形町スクエア3F
代表取締役CEO 上路健介
URL: https://jollygood.co.jp/
設立:2014年5月