医療AIの「エルピクセル」が提供する医用画像解析ソフトウェア EIRLの臨床導入、 100施設を突破

エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:島原 佑基、鎌田富久、以下「エルピクセル」)が提供する医用画像解析ソフトウェアEIRLシリーズの臨床導入が、累計100施設を突破した。
2019年10月、脳MRI画像から脳動脈瘤の候補点を検出する医用画像解析ソフトウェア EIRL Brain Aneurysm (※1) が、深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として国内初の薬事承認を取得し、販売を開始した。同製品を皮切りに、エルピクセルは日本における「医療AI」を牽引すべく、これまで4つの医用画像解析ソフトウェアを開発・提供し、医療機関への導入を進めてきた。EIRLは多くの理解と期待のもと、地方及び首都圏の小規模医療施設から総合病院まで、幅広く活用されている。

エルピクセルは、「製品の導入」をゴールとするのではなく、こうした機会を活かし、多くの医師、医療関係者のフィードバックを受けつつ、AIが医療の世界をより良くする可能性を求め、研究・開発を続けていくこととしている。

※1:承認番号:30100BZX00142000 販売名:医用画像解析ソフトウェア EIRL aneurysm

 

AI画像診断支援技術「EIRL(エイル)」について

 

高度化するモダリティとともに、医療画像診断の作業は膨大化している。AIを活用した独自のアルゴリズムによって、脳MRI、胸部X線などの医療画像情報を解析し、効率的で、正確な診断が出来る環境の提供を目指している。
EIRLプロダクトサイト(医療従事者向け):https://eirl.ai/ja/

 

本件に関するお問い合わせ先

エルピクセル株式会社

所在地: 東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビルヂング

電話番号:03-6259-1713

URL:  https://lpixel.net/