日本最大の遠隔医療プラットフォームへ、「株式会社AGREE」第三者割当増資により総額4.3億円の資金調達を完了

医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を運営する株式会社AGREE(本社:茨城県つくば市、代表取締役:伊藤 俊一郎)は、受託臨床検査事業シェアNo.1のSRLを傘下に持つみらかホールディングス株式会社、大手印刷会社である凸版印刷株式会社、DeNAを母体とする株式会社デライト・ベンチャーズなど計12者からの第三者割当増資により、総額4.3億円の資金調達を完了した。

■日本の医療は崩壊寸前
日本においては高齢化を背景に医療費の増大が大きな問題となっている。その結果、病床数の抑制、そして地方を中心とした医師不足などによる医師の過重労働より、医師と私たちの距離は現在非常に遠くなっており、医療崩壊に近い状況といえる。
これらの問題に対して既存の病院やクリニックのみによる課題解決は困難と判断した伊藤俊一郎氏により2017年2月に株式会社AGREEが創業され、2018年1月に医療相談アプリLEBERをリリースした。現在「いつでもどこでも気軽に医師と相談できるアプリ」として認知度向上が得られ始めており、「AppStore」と「GooglePlay」において「医療相談」検索キーワード1位(2020年2月1日現在)を獲得し一般ユーザーを始め、自治体や法人ユーザーが多数利用している。
利用ユーザーは8,000名、相談件数は累積3500件を超え、78%が「相談をして不安が減った」、88.2%が「医師の回答が分かりやすかった」(2020年2月1日現在)と回答するなど、医療機関における外来満足度(2017年度厚労省調べ)以上の満足度を獲得している。

■ドクターシェアリングアプリ「LEBER(リーバー)」の特徴
近年、話題となっている「遠隔医療」のカテゴリーの「遠隔医療相談」に属する。
業界で唯一医師が症状に合った「近隣の医療機関のMAP表示」や「市販薬の紹介」を行うことにより、ヘルスリテラシーの向上とセルフメディケーションの推進を図り、日本の医療費抑制と持続可能なヘルスケアシステムの構築を目指している。

【LEBERの特徴】
1) 「医師のすきま時間」と「相談者」を繋ぐドクターシェアリングプラットフォーム
2) 症状に合わせた自動問診システム(チャットボットのリーバー君が自動で問診)
3) 医師が症状に合った医療機関または市販薬を紹介(MAP表示、ルート案内も可能)
4) 複数アカウントの作成が可能で家族の相談も可能(アカウント毎のカルテ作成)
5) 企業への福利厚生や、保育園・高齢者施設への医療相談サービスにも対応
6) 企業で義務化のストレスチェックにも対応(厚生労働省推奨の調査票を利用)

・アプリダウンロードはこちらから(無料)
http://leber11.blog/?page_id=601

■本資金調達により実現する「医療の未来」
今回の資金調達により、医療相談アプリ「LEBER」は医療機関の外において保険を使用しない、以下のサービスを新設・拡充する。
1)個人ユーザー向け月額定額サービス
月額300円・500円の定額プランを用意し、本人のみならず家族まで含めて、医師と24時間・365日相談し放題の環境を整える。
2)法人向けAI産業医の開発
現在提供している法人向け医療相談サービスに加えて、自動的に社員のメンタルヘルスや健康を気遣うAI産業医の開発・販売を行う。
3)自治体向け子育て支援ツールの開発
現在提供している自治体向け医療相談サービスに加えて、妊産婦のメンタルヘルスや健康、さらには子供の健康を気遣うチャットボットシステムの開発・販売を行う。

■株式会社AGREEよりメッセージ
2018年4月の約1億円のシードラウンドでは多くの医療従事者および地元の金融機関の皆様よりご支援頂きまして、ようやく遠隔医療のプラットフォーム基盤を創ることができました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
また新たに日本を代表する企業を中心とした以下の投資家の皆様に仲間に加わってもらうことになりました。少子高齢化に伴う医療費増大は全国民が憂いるべき喫緊の課題です。
今までの常識に囚われない様々な分野のトップランナーの力をお借りしこの難局を突破していきたいと思います。読者の皆様には引き続きご支援・ご指導頂けましたら幸いです。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社AGREE
代表取締役:伊藤 俊一郎
担当:鈴木 雄貴
所在地:茨城県つくば市谷田部6251-9
E-mail:info@leber11.com
電話:029-896-6263
医療相談アプリLEBER:https://leber11.com