「医用画像解析ソフトウェア Neuro-Vascular Assist®」が脳血管内手術をディープラーニングで支援するソフトウェアとして薬事認可を取得

株式会社iMed Technologies(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:河野 健一)の、ディープラーニングを用いて設計した脳血管内手術支援ソフトウェア「医用画像解析ソフトウェア Neuro-Vascular Assist®」(以下、「Neuro-Vascular Assist®」)が薬事認可を取得した。 脳血管内手術について 脳血管内手術は、脳梗塞やくも膜下出血などを治療する手術方法のひとつ。血管の中から行う脳血管内手術(カテーテル手術)は患者の負担が少ない手法で、手術件数は年率10%

この記事は会員様限定です。既に会員の方はログインしてご覧ください。
ご新規の方は、下記より新規会員登録を行って頂くとすべての記事が読めるようになります。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-20

    かかりつけ医制度の課題と医療の個別化について / 次世代医療構想センター 吉村 健佑氏

    千葉大学病院 次世代医療構想センター センター長の吉村様に、かかりつけ医制度の課題や医療の個別化につ…
  2. 2023-3-17

    シンプルな画面と紙カルテ感覚で使える電子カルテ

    シンプルな操作と低コストで始められるクラウド型電子カルテ「きりんカルテ」。デジタル機器に苦手意識を持…
  3. 2023-3-13

    【DOC TOKYO 会員限定で】診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023を配布開始

    診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023をダウンロードできます(会員限定) 近年、…

ランキング

ページ上部へ戻る