新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」の医療機関への配分(7/29)

新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」(販売名:ロナプリーブ)については、7 月 19 日に特例承認された。それを受けての再周知の通知。同剤は、政府と本剤を製造販売する中外製薬との間で国内での供給を目的に、本年分を確保することが合意されており、政府が確保した本剤を個々の医療機関からの希望に応じて配分する仕組み。当面は、重症化リスクがあり、酸素投与を要しない入院患者(無症状者を除く)を投与対象者として配布することとしている。

関連通知:新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬「カシリビマブ及びイムデビマブ」の医療機関への配分についてhttps://www.mhlw.go.jp/content/000814666.pdf

提携:MICTコンサルティング

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  2. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …
  3. 2022-4-11

    医療AIで診療業務に専念できる環境を創出

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP) 専…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る