新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その51)(7/30)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その51)を通知した。通知では、新型コロナに関連する「自宅・宿泊療養を行っている者」に対して、緊急往診、継続的な訪問診療を実施した場合「救急医療管理加算1(950 点)」の算定できるかという問いに対して、「加算は、自宅・宿泊療養を行っている者に対しても、往診料又は在宅患者訪問診療料を算定した日に算定することができると」し、この取扱いは同事務連絡の発出日以降に適用されるとした。

関連通知:新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その51)
https://www.mhlw.go.jp/content/000814846.pdf

提携:MICTコンサルティング

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…
  2. 2022-9-5

    医療現場の課題解決から始まった世界への挑戦/ ただともひろ胃腸科肛門科 理事長・株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 多田智裕

    ただともひろ胃腸科肛門科の理事長であり、株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEOの多田智裕氏…
  3. 2022-8-22

    AI医療機器の活用で変化する医師の働き方 / 医療機器センター付属医療機器産業研究所 主任研究員 松橋 祐輝

    公的財団法人 医療機器センター付属医療機器産業研究所の主任研究員である松橋様にAI医療機器の活用や医…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る