発達障害療養ロボットアプリ開発へ

障害児通所支援事業運営グループ「エコルド・グループ」(大阪府箕面市)は、乳幼児期の発達障害に対応する療育用ロボットアプリの開発に取り掛かる。株式会社ロゴス(長野県長野市)の協力を受け、「療育アドバイス」が可能なロボットアプリを開発し、療育施設での活用を目指す。開発にあたり、開発資金はクラウドファンディングサービスを活用し、18日から募集を始めた。

乳幼児期から日常生活や集団生活の場面で困難さをもつ子どもたちは、定型発達児の発達とは異なる過程をたどることになるため、保護者自身が子育ての場面で戸惑いや不安を抱えている人が多い。放課後等デイサービスをはじめとする障害児通所支援事業所が急増しているが、療育に関する専門的な知識を有する職員が配置されている児童発達支援事業所(以下、「療育施設」という。)は極めて少ないのが現状。

そこで、専門的な技術や知識を担い「療育アドバイス」が可能なロボットを開発し、子育てに悩む保護者のストレスケアや、療育施設の職員が療育方法を検討できるような環境づくりを目指す。ロボットは、ソフトバンクロボティクス株式会社の人型ロボット「Pepper」を活用する。

【クラウドファンディング実施期間】
平成31年2月18日から平成31年3月29日

【クラウドファンディングURL】
https://readyfor.jp/projects/ecold

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-23

    かかりつけ医機能の強化に向けクリニックが準備するポイント

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、衣笠病院グループ 相談役、武藤 正樹 様に次回の医療…
  2. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  3. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る