クラウド電子カルテなどブロックチェーンで開発

遠隔画像診断を主軸とした医療技術とITソリューションを提供する株式会社エムネス(広島市南区、以下「エムネス」)は、LongHash Japanがインキュベートするブロックチェーンを使った分散型ビジネスモデルのソリューションを提供する株式会社レシカ(東京都港区、以下「レシカ」)とパートナーシップを締結した。レシカが持つブロックチェーンのプロトコール、ハードウェア技術、アプリケーション開発とエムネスの医療分野のノウハウを組み合わせ、ブロックチェーン技術を医療分野で応用し、インバウンド医療及び検診遠隔診断支援クラウドサービス及びクラウド電子カルテを提供するサービスの開発を開始する。

プロジェクトの初期段階では、近年増加傾向のインバウンド医療をターゲットに提供していく予定。現在訪日する外国人数が年々増加し、「治療」、「美容・健康促進」以外、「検診」や「治療」の医療サービスを目的とする人も増加している。
インバウンド医療の高まりの一方、インバウンド医療に課題を感じている医療機関が数多くある。同社は、地域医療における医療提供の確保を前提に、インバウンド医療に日本の高度な医療技術を提供するには医療資源の利用率を高める必要があるとしている。

インバウンド医療ビジネスを展開する場合、越境支払いの課題、外国人身分認証の課題、国境を跨いだカルテの課題、個人医療データ保管のシステムの課題がある。これらの課題に対し、ブロックチェーン技術の匿名性の保証、改ざん不可、複製不可、トレーシング可能などの特徴をシステムに応用することによって低コストでシステム開発が可能となる。遠隔画像診断支援技術とブロックチェーン技術の融合で、患者と病院にストレスのない一人一人のニーズを合わせた形でサービスを提供することを目指すとしている。

インバウンド医療において成果をあげた後、日本国内の一般診療において同様のプロジェクトを進める方針。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-23

    かかりつけ医機能の強化に向けクリニックが準備するポイント

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、衣笠病院グループ 相談役、武藤 正樹 様に次回の医療…
  2. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  3. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る