衛生状態モニタリングシステム「ルミテスターSmart」が 2019年度グッドデザイン・ベスト100を受賞

キッコーマンバイオケミファ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松山 旭、以下「キッコーマンバイオケミファ」)とオプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)が共同開発した衛生状態モニタリングシステム「ルミテスターSmart」が、2019年度グッドデザイン・ベスト100(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。

「専門家だけでなく一般の人が使える身近なものとなっている上、製品の外観や、連携するアプリケーションのインタフェースも、業務用のイメージではなく親しみやすいものとなっている。また、デザインにとどまらず、計測データがクラウド上で共有され、衛生管理業務をシステム化する提案となっている点も評価できる。」と審査委員がコメント。
機器の操作性、アプリのUI、運用面をデザインした結果、「ルミテスターSmart」はさまざまな人に身近に利用してもらえる検査ツールとなっており、今後は世界規模で一層の衛生管理促進を目指している。

■「ルミテスターSmart」
医療現場や飲食店の厨房や食品工場などにおいて、人の目では確認できない汚れを測定し数値化するATP検査による衛生状態モニタリングシステム。「ふき取る・測る・結果を見る」の3ステップの操作を行い、約10秒で検査結果の確認ができる。その場で適時適切な対応策を実現し、衛生管理の向上により、食中毒などの健康被害を防止することが可能となる。バイオ技術を持つキッコーマンバイオケミファと光計測技術を持つオプテックスの互いの強みを活かし、共創したシステム。
https://www.optex.co.jp/products/water-quality-measurement/development/smart.html
製品の詳細・購入はこちら
https://biochemifa.kikkoman.co.jp/la/smart/

「ルミテスターSmart」は、グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2019」※1に出展、また、公開特別賞審査会「グッドデザイン・ベスト100プレゼンテーション」※2に参加し、ベスト100受賞企業としてキッコーマンバイオケミファが発表の予定。
※1 詳細はhttp://www.g-mark.org/gde/2019/
※2 詳細はhttps://www.g-mark.org/activity/2019/presentation.html

■本件に関するお問い合わせ先
URL:https://biochemifa.kikkoman.co.jp/la/smart/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    感染対策から予防接種予診票までー業務効率化だけに留まらないWEB問診活用法

    医療機関の受付・診察業務効率を大幅に改善するツールとして開発された「WEB問診SymView」。 …
  2. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  3. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…

ログイン

ページ上部へ戻る