製薬企業のマイランがスマートフォンアプリ「マイエピ」の提供を開始

マイランEPD合同会社(本社:東京都港区、社長:本田 明彦、以下「マイラン」) は2月17日、食物・蜂毒アレルギーの患者やその家族、医療関係者などを支えるスマートフォンアプリ「マイエピ」の提供を開始した。
マイエピは、アレルギーやアナフィラキシーに関する医学的に正しい情報を提供するほか、アナフィラキシー補助治療剤(アドレナリン自己注射薬:エピペン)の適正使用を促進する国内初のアプリ(患者・家族向けページ限定)。医学的な正確性を担保するため、アレルギー専門医である国立病院機構相模原病院の佐藤さくら先生が監修した。

アナフィラキシーは、アレルギー原因物質(アレルゲン)の誤飲・誤食などにより引き起こされる全身性のアレルギー症状で、年間50~70名前後が亡くなる重篤な疾患。(※1)
極めて短時間で急激に症状が現れるため、迅速に対処する必要があるが、アナフィラキシー補助治療剤を投与すべきかどうか適切に判断できなかったり、手技に不安を感じて投与を躊躇するケースがある。また、アナフィラキシー補助治療剤の使用期限が切れても、医療機関で再処方を受けずに、期限切れの薬剤をそのまま所有している例も見られる。(※2)

こうした状況を受けマイランは、アレルギーやアナフィラキシーの理解を深めるため、マイエピを開発。マイエピに搭載された、症状や検査結果を写真とともに記録できるノート機能を活用することで、患者と医療従事者のコミュニケーションの円滑化にも貢献する。これらの機能は患者・家族・医療関係者すべての方が活用することができる。

さらに、エピペンを処方した患者とその家族向けに、エピペンの適正使用をサポートする機能を開発。エピペンの使用期限が切れる約1ヵ月前に、交換のタイミングを知らせる「重要なお知らせ通知プログラム」への登録機能や、アナフィラキシー発現時に、緊急時対応の手順について症状を確認しながら動画と音声でナビゲーションする機能も実装した。ナビゲーション機能は、エピペンを使用する可能性がある教職員や保育士、救急救命士なども使用可能。

※1 厚生労働省:平成24~29年 人口動態統計「死亡数、性・死因(死因基本分類)別」
※2 日本小児アレルギー学会誌 2018;32:136-143

【アプリケーション概要】
アプリ名:
マイエピ
公開日:
2020年2月17日
対応プラットフォーム:
iOS/Android
利用方法 :
スマートフォンでApp StoreまたはGoogle Playにアクセスし「マイエピ」を検索するか、下記のアドレスにアクセスしてダウンロード。
App Store:
https://itunes.apple.com/jp/app/id1493874335?mt=8
Google Play:
http://play.google.com/store/apps/details?id=com.mylan.myepi

■監修の佐藤先生コメント
アナフィラキシーは、重症化すると死に至る可能性もある一刻を争う病態です。特に食物や蜂毒のアナフィラキシーでは、自宅や学校、外出先での食事や野外での作業中などに発現します。一度でもアナフィラキシーを発現したことがある方や、少量のアレルゲン摂取で強いアレルギー症状が誘発される方などは、アナフィラキシー補助治療剤を常に携帯し、リスクに備えることが重要です。一方で、アナフィラキシー補助治療剤を携帯していたにも関わらず、未使用のまま病院へ搬送されてくる場合もあり、治療薬に対する正しい理解の普及も大切です。マイエピを通じて患者さまやご家族の方がアナフィラキシーについて正しい知識を持ち、使用期限内の治療薬を日頃から携帯できるようになることで、アナフィラキシー治療に貢献できることを期待します。

■主な機能
▼すべての方が使用できる機能
・ノート機能:症状や食事などの写真を保存し、日々の症状や検査結果を記録できる。
・ライブラリー機能:アレルギーのしくみやアナフィラキシーになったときの対処法など正しい情報を得られる。
・Q&A:アレルギーの原因や症状、治療などに関する疑問に答える。

▼エピペンを処方された患者や家族に限定した機能
・エピペン交換リマインド機能:製造番号、使用期限の画像を読み込み、「重要なお知らせ通知プログラム」に登録すると、使用期限が切れる約1ヵ月前にお知らせを受け取ることができる。
・エピペン携帯し忘れ防止アラーム:エピペン携帯のリマインダーとしてアラームを設定することができる。

▼エピペンを処方された患者や家族、使用する可能性のある教職員・保育士・救急救命士に限定した機能
・ナビゲーション機能:アナフィラキシー発症時に、症状を確認しながらエピペンの投与手順、投与後に取るべき対応について動画と音声でナビゲーションする。その他、エピペンの使い方や注意事項をまとめた動画・資材も閲覧可能。

<参考情報>
アナフィラキシーとは
アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質に触れる、あるいは食べたり飲んだりした後に、数分から数時間以内に複数の臓器や全身にあらわれる激しい急性(即時型)のアレルギー反応。アナフィラキシーによって血圧の低下や意識障害などを引き起こし、ショック状態に至ることがあり(アナフィラキシー・ショック)、場合によっては、生命を脅かすことがある。

■本件に関するお問い合わせ先
URL: https://www.mylan.co.jp
マイラン製薬株式会社およびマイランEPD合同会社は、グローバル医薬品企業マイランの日本法人。
マイラン製薬株式会社はジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとして、マイラン EPD 合同会社は消化器系、呼吸器系、感染症領域、ウイメンズヘルスの領域を中心に事業を展開している。
マイランは、グローバル医薬品企業として 70 億の人々に高品質な医薬品を届けるというミッションの下、ヘルスケア分野で新しいスタンダードを確立することに取り組んでいる。7,500 以上の製品ポートフォリオを有し、抗レトロウイルス医薬品は世界中で HIV/AIDS 患者の約 40%に使用されている。165以上の国と地域で製品を販売し、世界有数の原薬製造会社でもある。世界中で 35,000 人以上の社員が「健康でより良い世界を創る」ために尽力している。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  2. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…
  3. 2021-4-8

    新型コロナワクチン接種予約システムを提供する「STORES 予約(ストアーズ 予約)」、 北習志野花輪病院にて採用決定

    ヘイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 裕介、以下「hey」)が運営するオンライン予約シ…

ログイン

ページ上部へ戻る