【新型コロナ緊急対応/オンライン診療/無料】Zoomを使ったオンライン診療「ズム診」

再生医療テクノロジー株式会社(略称:RMT、所在地:東京都新宿区、代表取締役:馬場 稔正)は、多くの医療機関の要請により、オンライン診療の導入サポートを無償で提供する。また、医療機関に対して新型コロナウイルス抗体検査(IgM および IgG)導入を支援する。
同社は、日本初スマホでオンライン健康相談・オンライン診療(*1、2)を手掛けた知悉をもとに、オンライン診療導入に向けたサポートを無償で提供する(ズム診)。すでに大手医療法人はじめ診療所へのサポートを実施している。

背景

今年4月10日に厚生労働省が発出した事務連絡「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取り扱いについて」に伴い、医療機関におけるオンライン診療の導入増加が予想されることがある。また、オンライン会議システムのZoomは、新型コロナの感染が拡大する中、ユーザー体験が優れている点や導入が簡単なことで在宅勤務やオンライン学習等でユーザー数を爆発的に伸ばしている。

医療機関では、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、慢性疾患などで治療中の患者が外来ではなくオンラインで診療を受けられる体制や発熱など新型コロナウイルス感染疑いのある患者の一次対応としてオンライン診療を導入したいニーズがある。(当社調べ)
そこで、病院、診療所間の連携、医療機関と薬局、軽症患者のホテル療養施設などもズム診で連携を取り組んでいく。
また、新型コロナウイルス抗体検査(IgM および IgG)が実施できるオンライン診療クリニック紹介なども提供していく。

*1 馬場稔正氏は日本初スマホでオンライン診療を生み出した。テレビ東京 未来EYES 2017年放送
*2 馬場稔正氏は経産省ビジネスコンテストで優勝した。テレビ東京 WBS 2016年放送

■再生医療テクノロジー株式会社(RMT)について
前MRT株式会社(証券コード6034)代表取締役社長 馬場稔正が2019年11月に創業。
主なサービスは再生医療施設と患者を繋ぐプラットフォーム『再生医療ドットコム』https://rmt.co.jp/の運営と医療を受けに来訪する国際医療患者(メディカルツーリスト)の受入コーディネートから医療通訳士の手配、海外からの患者の受け入れることのできるシステム及びサポート。(医療インバウンド・医療ツーリズム事業)
https://regenerative-medicine.site/
オンライン診療サポート(ズム診) https://zmshin.com/

本件に関するお問い合わせ先

再生医療テクノロジー株式会社(RMT)
所在地:東京都新宿区西新宿6-15-1 セントラルパークタワーラトゥール
電話番号:050-5361-2780
URL:https://regenerative-medicine.site/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る