非接触でタブレット型、人体測温機能付き顔認証入退室管理システム

テクノホライゾングループ(JASDAQ 証券コード:6629)の株式会社タイテック(本社:名古屋市南区千竈通二丁目13番地1 代表取締役社長:廣瀬 隆志)は、Dahua社(中国)の非接触式人体測温+顔認証が可能な入退室管理システムを、非接触型人体測温システムのシリーズ第二弾として「AI顔認証付きサーマルカメラ」を5月より発売する。
今年3月発売の「非接触人体測温システム」とあわせ2機種の取り扱いとなる。

同システムは、2019年末から猛威をふるう新型コロナウィルスの感染拡大防止に役立つ、発熱者のスクリーニングを行うことが可能。人が密集しやすいオフィスや病院、ジムやイベント会場などの出入り口で、発熱者に加えてマスクの未着用者を検知することもできる。
同時に顔認証を行い、入退室管理に連携することが可能(別途ソフト要)。0.2秒で顔認証と人体測温を同時に行う最新ソリューションを展開していく。

製品概要

人体測温&顔認証タブレットDHI-ASI7213X-T1
モニタ: 7インチ(1024×600)
測温精度: ±0.5℃
測温距離: 30cm~180cm
顔認識速度: 0.2秒
顔認証精度: 99.5%以上
寸法: 312(V)×129(H)×36(D)mm

<特長>
1.測温精度±0.5℃
・非接触サーマルカメラで、≦0.5℃の高精度の温度測定が可能
2.認証速度0.2秒
・AIアルゴリズムにより、認証時間はわずか0.2秒
3.マスク未着用検知
・マスクの未着用を警告
4.多彩な認証方法
・顔認証(最大ユーザー登録数100,000人)
・ICカード
・パスワード
5.豊富な外部連携機能
・ドアの開錠(電子錠)
・警告灯
・セキュリティーゲート
・外部記録装置

<想定活用シーン>
・壁掛け
・受付
・トビラの前

参考:非接触人体測温システムシリーズ

非接触人体測温システム
Dahua社のサーマルカメラを使った非接触人体測温システムは、人混みの中から瞬時に体温が高い人を見つけることができる。

<特長>
1.広範囲かつ複数の人を遠隔で自動測温
2.設定値より高い体温を検知した場合、速やかにアラーム音にて報知
3.温度測定精度は±0.3℃(赤外線放射ユニット使用時)

・本書に記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標。
・本プレスリリースの内容は発表日現在の情報であり、予告なしに変更される可能性がある旨予め了承のこと。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社タイテック
所在地:愛知県名古屋市南区塩屋町1丁目3番地4
電話番号:052–824–7375
URL: http://www.tietech.co.jp

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    感染対策から予防接種予診票までー業務効率化だけに留まらないWEB問診活用法

    医療機関の受付・診察業務効率を大幅に改善するツールとして開発された「WEB問診SymView」。 …
  2. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  3. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…

ログイン

ページ上部へ戻る