「プレイネクストラボ」、病院の再診予約システムを開発し実証実験開始。 医療現場と利用者の負担軽減をめざす

プレイネクストラボ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:柏 匠、以下「プレイネクストラボ」)は、福岡を拠点とするLINE株式会社の子会社・LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)と共働し、LINE上で完結する病院の再診予約システムを開発、実証実験を6月10日より開始した。

LINE上で再診予約・予約変更が可能、初めての方に向けた情報も充実

今回実証実験をスタートしたのは、高度専門医療、小児救急医療、周産期医療を行うこども専門の病院、福岡市立こども病院。
実証実験に向け、同院ではLINE公式アカウント「福岡市立こども病院」を開設し、LINE上での再診予約・予約変更受け付けを開始した。メニューから「再診予約」または「予約変更」を選び、ステップに従って患者情報や連絡先、予約希望日などを入力すると、おおむね3営業日以内に、このアカウントに確定した予約日の連絡が届く仕組み。

また、トップメニューからは「初めての方へ」とした専用ページへの遷移が可能。
こども病院の特徴やこだわり、来院の前に準備しておくもの、症例別の症例数と在院日数といった情報が用意されており、利用する保護者の不安解消に役立てられる。

この実証実験は福岡市とLINEグループが締結した「地域共働事業に関する包括連携協定」に基づくもの。

AWSサーバーレスアプリケーションモデルを採用した次世代型システム

プレイネクストラボは、システム設計の段階から携わり開発をサポート。
将来的な発展や利便性を考慮し、AWSサーバーレスアプリケーションモデルを採用した。
具体的に期待されるメリットは以下の通り。
・サーバー運用にかかる工数の削減
・拡張性が高く、スピーディな開発が可能
・耐障害性、可用性の向上
・利用した分のみの課金、コストの削減

今後、新たなシステム開発はもちろん、大手企業の基幹システムにおいても、サーバーレス化が予想されている。
プレイネクストラボでは今回の開発経験をいかし、多くの企業ニーズに対応していく方針。

■プレイネクストラボ株式会社について
“世界の才能と日本の可能性をつなげるプラットフォーム創出”をミッションとし、SI/SES事業、外国人エンジニアと日本企業のマッチングサービス「Talent Hub」、外食産業に特化した採用支援サービス「食リーチ」を運営。17カ国からメンバーが集まり、80%以上のエンジニアが外国籍という「日本のグローバル化を先取りする企業」。
TalentHub: https://talenthub.jp
食リーチ: https://shokureach.jp

本件に関するお問い合わせ先

プレイネクストラボ株式会社
所在地:東京都品川区西五反田3丁目11番6号 サンウエスト山手ビル 4階
URL: https://www.playnext-lab.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  2. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…
  3. 2021-4-8

    新型コロナワクチン接種予約システムを提供する「STORES 予約(ストアーズ 予約)」、 北習志野花輪病院にて採用決定

    ヘイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 裕介、以下「hey」)が運営するオンライン予約シ…

ログイン

ページ上部へ戻る