新型コロナウイルス肺炎を含む感染性肺炎の画像診断を支援する胸部X線AIエンジンの薬事承認を日本で初めて取得

株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:松島 陽介)の子会社である株式会社ドクターネット(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:長谷川 雅子、以下「ドクターネット」)は、AI技術を活用し、新型コロナウイルス肺炎を含む感染性肺炎の画像診断を支援する、「胸部X線肺炎検出エンジン DoctorNet JLK-CRP」の薬事承認(薬機法※における製造販売承認)を12月9日に取得した。普及台数が多い単純X線画像を対象とした、感染性肺炎検出エンジンの薬機法における製造販売承認取得は日本初となる。
※医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律

ドクターネットは、日本の遠隔画像診断支援業界においてシェアNo.1のリーディングカンパニーであり、既に全国1,000の医療機関と遠隔ネットワークで連携し、1日8,000症例・年間200万症例を遠隔で画像診断している。かねてより、同社の遠隔ネットワーク上でAIエンジン利用を可能とする人工知能エンジンプラットフォーム「AI-RAD(エイアイ・ラド)」の開発を進めてきたが、今回薬事承認を取得したAIエンジンは、日本国内の普及台数が多い単純X線検査、かつ、社会的ニーズの高い新型コロナウイルス肺炎が対象であるため、同社としては優先度高く取り組んできた領域。なお、本AIエンジンの開発は、韓国のJLK社と共同での取り組みであり、京都府公立大学法人 京都府立医科大学、一般財団法人 津山慈風会 津山中央病院も協力した。

「胸部X 線肺炎検出エンジン DoctorNet JLK-CRP」の日本国内におけるサービス提供および販売は、同社の医用画像AIエンジンプラットフォーム「AI-RAD」において、2021年12月より開始し、新型コロナウイルス感染拡大防止に引き続き寄与していく。

「胸部X 線肺炎検出エンジン DoctorNet JLK-CRP」の特長について

本AIエンジンは、約20万症例を学習用画像として用い、深層学習(ディープラーニング)の畳み込みニューラネットワーク技術のDenseNet アルゴリズムおよびClass Activation Map アルゴリズムにより開発された。胸部X線画像を自動解析し、感染性肺炎所見の確信度および着目領域を解析結果として出力する。

(1) 感染性肺炎所見の確信度の表示
胸部X線画像における感染性肺炎所見の確信度を示した上で、確信度の類型をLow(確信度:<30%)、Mid(確信度:≧30%、<65%)及びHigh(確信度:≧65%)の3段階で提示。
注:感染性肺炎か否か、感染性肺炎の有無、感染性肺炎の重症度(進行度)を判定するものではない。

(2) 着目領域のマーキング表示
肺炎所見の確信度が50%以上の場合に、本品の着目領域を胸部X線画像上にマーキング。

「胸部X 線肺炎検出エンジン DoctorNet JLK-CRP」の導入・利用について

既にドクターネットのサービスを利用している医療機関においては、既存の遠隔依頼システムを活用して本AIエンジンの利用が可能。まだ利用していない医療機関においては、同社の遠隔依頼システムの導入が必要になるが、モダリティ・PACSのメーカーは問わず、短期間・低コストでの導入・システム連携が可能。また、当該システムを導入すると、今後同社がサービス展開する他の人工知能エンジンの利用や、医師による遠隔画像診断サービス等、他サービスも利用できる。
なお、利用にあたっては、AIエンジンの単体利用だけではなく、AIエンジンの解析結果と併せて医師による遠隔画像診断の依頼も可能。AIエンジンの利用料は、月額利用料金と一症例あたりの解析料となる。(医師への読影依頼の場合は別途、読影料が必要)

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ドクターネット
所在地: 東京都港区芝大門2-2-5 住友芝大門ビル8階
電話番号: 03-3459-5665
E-mail:dninquiry@doctor-net.co.jp
URL:  https://dr-net.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    アフターコロナのクリニック経営#12

    #12 クリニック経営冬の時代に事業承継を検討する Q .これからはクリニックの承継開業が…
  2. 2021-12-30

    クリニックを発展させる組織づくり#7

    スタッフとのコミュニケーションを深めるために飲み会が必要? この連載では、組織を成長させるマネジメ…
  3. 2021-12-28

    アフターコロナのクリニック経営#11

    #11 クリニック経営を充実するための医療法人・M S法人活用法 Q .医療法人やM S法…

ログイン

ページ上部へ戻る