順番管理システム「まちみる」の開業支援プラン開始 医療機関の三密対策をオリジナルシステムで支援

株式会社シンリョウ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:鈴木 栄、以下「シンリョウ」)は、医療業界向け患者順番管理システム「まちみる」(以下「まちみる」)の“医療機関 開業支援プラン”を開始する。
「まちみる」は医療業界の待ち時間の緩和、業務時間の可視化を目的に開発されたクラウド型順番管理システムで、現在のコロナ禍において「待合室の3密対策」として利用先が増加している。
シンリョウは創業より76年間、刻々と変わる医療現場を消耗品・資材・内装・各種サービスの提供にてサポートしてきた。同社では「まちみる開業支援プラン」をきっかけとし、最近開業した医療機関、現在開業準備中の医療機関を対象に、患者が安心して受診できる環境作りを幅広く支援していく。

プラン概要

・料金体系:初年度月額使用料半年間(または3ヵ月間)が無料
・対象地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県、北海道、宮城県、兵庫県

・適用条件:
 2021年中の開業を予定の医療機関(病院・クリニック)…半年間無料
 開業後3年以内の医療機関(病院・クリニック)…3ヵ月間無料

「まちみる」とは

順番管理システム「まちみる」は、医療機関と患者が共有する「待ち時間」を可視化し、医療機関の業務効率化と共に三密や混雑といった患者の不満や不安を取り除くサービス。専用機器は発券機のみ。手持ちの機器(パソコン・タブレット・モニター)の使用で導入費用を抑えられる。基本操作は「受付」と「呼出」ボタンの選択のみ。システム類が苦手なスタッフも導入当日よりスムーズに運用できる。携帯から発券用紙のQRを読み込めば順番状況を閲覧出来るため、患者は外で待ち時間を過ごす事ができ、待合室の密を防げる。また、順番と目安の待ち時間を可視化する事で「あと何人?」「どのくらいかかりますか?」という問合せが減り、受付業務の負担軽減に繋がる。
昨年3月にリリースし、現在350以上の導入が決定している。
まちみる専用HP:https://www.shinryoporte.com

本件に関するお問い合わせ先

株式会社シンリョウ +IT事業部 麻生・宝達
所在地:東京都豊島区要町3-36-3
電話番号:03-3973-6161
E-mail:machimiru@shinryo.jp
URL: http://www.shinryo.jp
問合せフォーム:https://form.k3r.jp/machimiru/kaigyousien

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-10-19

    AI顔認証サーモグラフィーカメラDC77、検温の他に体調不良などをチェックできる「アンケート(問診)機能」をリリース

    ダンボネット・システムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:尾崎 憲一)は、同社が開発・製造・…
  2. 2021-10-15

    【10/27(水)】待合室のないクリニックを実現する 診察オペレーションとは? ーシステム・人材活用法まで大解剖!ー

    新型コロナウイルスの感染拡大以降、患者が受診しやすい診療所づくりは集患の大きな鍵となっています。 …
  3. 2021-10-14

    医療機関の事業承継・M&Aを支援する「医業承継サポート」

    医業承継支援、医療経営支援を行う株式会社エムステージマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区…

ログイン

ページ上部へ戻る