1時間250件のコロナワクチンの殺到する電話を自動化!

株式会社Peoplytics(本社:東京都台東区、代表取締役:奥西 亮賀)の「IVRy(アイブリー)」は、このたび急増する新型コロナワクチンの電話問合せを、人の対応が必要な内容と、自動化できる内容とで振り分けることで、電話対応の負担軽減を実現した。「IVRy」は1日100円、最短5分で利用開始できる電話自動応答サービスで、コロナワクチン対応としての利用は初となり、1時間250件のコロナワクチン関連の電話対応の自動対応に成功した。

病院やクリニックの現状

新型コロナワクチンの接種が正式に提供されたことにより、病院やクリニックに対しての電話問い合わせが急増しており、医療現場では「電話の数がとても多く、診療の問い合わせの対応ができない」、「長時間の電話対応に追われて、スタッフが疲弊している」といった問題が深刻化している。
また、通信大手各社から「新型コロナウイルスワクチンの接種予約を受け付ける自治体の予約用番号への通話を制限する」と発表されたことにより、さらに病院やクリニックへのコロナワクチンに関する電話問い合わせが増えることが予想される。

IVRyでできること

1.新型コロナワクチンの問合せとそれ以外の問合せを、分けて対応
2.よくある質問や定型分で回答できる質問は自動音声やSMSで自動で対応
3.必要な電話だけをスタッフに転送
4.設定画面で状況に合わせてリアルタイムに対応を変更できる
5.既存の電話番号はそのままで自動対応ができる

■その他のIVRy活用方法

・録音機能で、患者の詳しい用件を、録音機能で保存し、手隙に折り返し連絡
・自動応答をしたくないお客様はすぐに電話を取次できる
・営業電話の対応を自動化し、業務に専念
・午前の部・午後の部で音声案内、分岐内容を設定
・ブラウザ(PC/スマホ)で電話を受けられるから、業務を止めずに、電話対応が可能

IVRyとは

月3000円から使える、電話自動応答(IVR)サービス。
人手不足やお店のピーク時間で電話対応が困難なときに、予約や店舗の道案内、営業など様々な電話での問い合わせに自動で対応する。読み上げテキストは自由に作成可能で、業務内容に合った音声案内が可能。SMSの自動返信にも対応しており、お店の住所や経路と言った道案内から、お問い合わせフォームの送信まで、テキストの内容は自由に編集可能となっている。また、転送機能にも対応しており、担当者への電話転送が可能。
音声録音機能では、お客様の用件を録音で受付することができる。用件によって、折り返しの対応が可能で、業務効率化が図れる。
さらに、既存の電話番号を使用することができるため、電話番号の変更といった面倒な作業も一切不要である。
URL:  https://ivry.jp

本件に関するお問い合わせ先

株式会社Peoplytics(ピープリティクス)
所在地: 東京都台東区小島2-14-5 毛利ビル 302
電話番号:050-3204-4610
URL:  https://corp.peoplytics.work

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-6-24

    医療機関200院に「職域接種」についてアンケート調査を実施

    医療人材総合サービス、事業場向け産業保健支援を提供する株式会社エムステージ(本社:東京都品川区、代表…
  2. 2021-6-23

    アフターコロナのクリニック経営#5

    #5 クリニック経営を継続するためにチームを整え続ける Q .受診者数が多ければスタッフの…
  3. 2021-6-22

    【6/30(水)】緊急企画! 新型コロナワクチン運用座談会-個別接種の院内オペレーションはどうすべき?

    新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が本格的に開始されました。予約・受付対応、ワクチン管理等、院内…

ログイン

ページ上部へ戻る