Hatch Insightによる医療系データ分析ツールWhytPlotのサービス提供を開始

Hatch Insight株式会社(代表取締役:吉井 時秋、以下「Hatch Insight」)はこの度、リーズンホワイ株式会社からWhytPlotの事業を譲受し、Hatch Insightのサービスとして5月17日より提供を開始した。Hatch Insight の有するさまざまなデータを有効活用することでサービスを充実させていく。

WhytPlotは、地域の基幹病院とかかりつけ医や病院同士が協力して患者を診察・治療する病診・病病連携の現状や地域の医療圏ごとの将来の患者予測を視覚的に把握できるようにした医療系データ分析ツール。製薬会社・医療機器メーカーの営業・マーケティング部門を中心に複数の機関・企業において、医療サービス提供に必要となるエリアマーケティングや得意先への情報提供等に活用されている。

Hatch Insightは、(1)保険会社、製薬会社、医療機関などヘルスケアに関わるデータを垣根を超えて集約、(2)これらのデータを掛け合わせて分析、(3)パートナー企業とともに、データを活用して健康課題を解決する新たなサービスや価値、ソリューションの提供を目指している。WhytPlotを同社のラインアップの一つに新たに加えることで、今後も顧客のニーズに応じて疾患固有のデータを追加するなどサービスのさらなる拡充に取り組んでいく。

WhytPlotの特徴

団塊の世代が75歳を超える2025年に、病床の機能分化や連携が進められている地域医療構想に基づく新たな医療提供体制が導入される。またCOVID-19の影響を受けて製薬企業のエリアマーケティングが新たな対応を迫られているのが象徴しているように、医療サービスの提供体制は変革期を迎えている。

こうした状況に対応する方法として以下のように、エリア内における患者のターゲティング、患者の流出入といったデータを有効活用できる。

1. 病診・病病連携におけるエリア内の患者の流れが推測可能に
患者の流れを地図上で推測することで、視覚的にエリア内のターゲティングが可能となる。
2.DPC病院の疾病別エリア間の患者の流れの把握も可能
DPC(診断群分類包括評価制度)病院の疾病別患者数や、そのエリアへの流入・流出状況をクリックひとつで、簡単にデータで把握できる。

Hatch Insightは、今後も健康課題を解決するソリューションの提供を通して、すべての人の「生きる」をサポートしていく。

本件に関するお問い合わせ先

Hatch Insight株式会社
所在地:東京都港区北青山2-14-4 WeWork the ARGYLE aoyama 6F
電話番号:03-6758-1655
URL: https://hatch-insight.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-9-24

    クリニックを発展させる組織づくり#4

    スタッフに不満はあるが、離職を考えるとやたらと気を遣ってしまいます この連載では、組織を成長さ…
  2. 2021-9-23

    AIを用いた新たな脳核医学検査手法の開発に着手

    株式会社フォーカスシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 啓一)は、横浜市立大学放射線診…
  3. 2021-9-22

    アフターコロナのクリニック経営#8

    #8 クリニック経営を継続するために利益を出し続ける Q .クリニックの利益を出し続けるに…

ログイン

ページ上部へ戻る