スマートホスピタル化に向けて、電子カルテ他部門システムを無償提供

RoleBank株式会社(本社:東京都新宿区、代表:布目 勝也)は、Gazelle Capitalを引受先とするシードラウンドの第三者割当増資により資金調達を実施した。
電子カルテなどの医療システムを開発販売しているスマートMI株式会社(本社:栃木県小山市、代表取締役:中木 英勝)はスマートホスピタル化を推進するため、今年度、医療機関に対してソフト費無償での提供を始める。

現在スマート化を目指している病院は多い。電子カルテ化はされているが、新たにすべてICT化をするにしても高額なソフト費、また複数のベンダーの調整など課題が多くなかなか進んでいない病院も多い。
こうした中、スマートMI社は同社が保有するソフト費用をすべて無償提供することを決めた。同社が保有する、電子カルテ、病棟看護支援、検体検査、健診、在庫管理、文書作成支援などのソフトがすべて無償での提供になる。

医療機関側の負担は、システムの導入作業費、ハード費用、ネット関連費用などで大幅な費用の削減が可能になる。導入作業費は基本100床規模で月300万円(諸経費は別)で軽微なカスタマイズ作業費、検査機器のオンライン費用を含めて、導入前調査から稼働までの期間を6月間として見ている。

システムの特徴

電子化によるメリットを充分に活かす総合システムを提供。

・外来の検査結果迅速報告、画像含めたすべての検査結果を一元化で管理、患者が納得する医療を可能にするリアルタイム診療を目指す。
・病棟看護ではすべての部門の情報共有化を可能にする。
・文書作成などの作業などの効率化を図る。

本件に関するお問い合わせ先

RoleBank株式会社
スマートMI株式会社
所在地: 栃木県小山市駅東通り2-13-13 小山シティービル3階
電話番号:0285-39-7752
URL: https://smart-mi.net/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  2. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …
  3. 2022-4-11

    医療AIで診療業務に専念できる環境を創出

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP) 専…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る