ヘルスケアアプリ「HELPO」が夜間や休日のオンライン診療に対応

ソフトバンク株式会社の子会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:大石 怜史、以下「ヘルスケアテクノロジーズ」)は、一般社団法人先端医療技術開発機構(以下「先端医療技術開発機構」)と業務提携し、ヘルスケアアプリ「HELPO(ヘルポ)」のオンライン診療サービス機能を拡充した。
※8月10日時点で対応している時間帯は、平日の午前9時〜午後6時。9月中旬以降、平日は午後10時までに拡大し、日曜日の午前9時〜午後6時にも対応する予定。

背景

ヘルスケアテクノロジーズは、オンライン健康医療相談や病院検索、一般用医薬品などの購入、オンライン診療の受診などをワンストップでできる「HELPO」を、2020年7月から(※)提供している。オンライン健康医療相談サービスでは、ヘルスケアテクノロジーズに所属する医師や看護師、薬剤師などの医療の専門家にチャット形式で24時間365日、気軽に健康に関する相談をすることができる。オンライン健康医療相談サービスで寄せられる相談のうち、約2割が医師による診察が望ましいとされる相談で、夜間や休日の相談も多いことから、このたびオンライン診療サービスの対応日・時間帯を拡大する。これにより、仕事などの都合で日中帯に時間が取れない利用者のニーズや、夜間や休日の体調不良時にすぐに診療を受けたいといったニーズに対応する。
なお、「HELPO」では、オンライン診療サービスの利用後も不安に感じることがあれば、オンライン健康医療相談サービスできめ細やかなアフターフォローが可能なため、質の高いヘルスケアサービスをワンストップで提供することが可能である。
※ 「HELPO」のオンライン診療サービス機能は、2021年6月に追加した。

今後の展開について

今後は「HELPO」のオンライン診療サービス機能で利用できる夜間・休日対応のクリニックを拡充するとともに、先端医療技術開発機構とオンライン診療サービスにおけるICT(情報通信技術)の活用についての共同研究に取り組み、将来的には「HELPO」のデータをクリニックに連携することで、診療の精度向上・効率化や、「HELPO」のさらなる利便性向上を図る。また、ウェアラブルデバイスの活用により、日々の体調の変化の早期発見や定期的な検査を実現し、病気の予防や重症化リスクの低減を通して、医療資源の最適化や医療費の削減に貢献していく。

「HELPO」について

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社が2020年7月から提供を開始した「HELPO」は、病気の予防や未病改善、健康増進に役立つ機能をワンストップで提供するヘルスケアアプリ。利用者は、スマートフォンなどから健康に関する悩みをチャット形式で気軽に相談できる他、自分の目的に合った病院の検索や一般用医薬品の購入ができる。
また、2021年2月には、個人向け唾液PCR検査サービス「HELPO PCR検査パッケージ」の提供を、SB新型コロナウイルス検査センター株式会社と共同で開始。同年6月には株式会社MICINとの協業の下でオンライン診療サービス機能を、同年11月には東京大学センター・オブ・イノベーション「自分で守る健康社会拠点」の「MIRAMED(ミラメド)」をベースに開発した「HELPO 遠隔特定保健指導」を、それぞれ「HELPO」に追加した。

「HELPO」の詳細についてはこちらhttps://healthcare-tech.co.jp/service/

本件に関するお問い合わせ先

ヘルスケアテクノロジーズ株式会社
所在地: 東京都港区芝二丁目28-8
URL:  https://healthcare-tech.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-10-3

    クリニック承継 買手の留意点 / 日本クレアス税理士法人 上田久之

    日本クレアス税理士法人、上田様にクリニックの事業承継における買手の留意点についてお話をお伺いしました…
  2. 2022-9-30

    【10/12(水)】患者が集まる「地域のかかりつけ医」戦略

    今夏、コロナ感染第7波により医療機関の診療業務はひっ迫し、医療者・患者どちらにも大きな混乱が生じまし…
  3. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る