「N・Partner」豊橋市ICTを活用した健幸なまちづくりコンソーシアムに採択

精神科医×AIによるICT保健指導プログラム「N・Partner(ニューパートナー)」を提供するタウンドクター株式会社(本社:東京都港区、代表者:山上 慶)は、豊橋市が設立する「豊橋市ICTを活用した健幸なまちづくりコンソーシアム」に採択された。本コンソーシアムにて、豊橋市内事業所の従業員を対象に、最新のヘルスケアサービスによる糖尿病予防を目的とした健康づくりプログラムを実施する。

ICTを活用した糖尿病予防 プログラム概要

豊橋市ホームページ
https://www.city.toyohashi.lg.jp/item/99359.htm#itemid99359
愛知県スマートシティモデル事業
https://www.pref.aichi.jp/press-release/smartcity-modelproject/smartcity-modelproject2022-2.html

【主催:豊橋市ICTを活用した健幸なまちづくりコンソーシアム】
(構成機関)
・豊橋市
・SOMPOひまわり生命保険株式会社
・タウンドクター株式会社
・カゴメ株式会社
・株式会社八神製作所

【内容】
豊橋市内事業所の従業員を対象とした、ICT活用による糖尿病予防を目的とした健康づくりプログラムの実施。

【その他】
本事業は、令和4年度愛知県スマートシティモデル事業の採択事業。

精神科医×AIによるICT保健指導プログラム「N・Partner」の特徴

精神科医監修の基で、対象者1人1人の生活改善に対するモチベーションを4段階で定量的に見える化(心のトリアージ)し、各レベルに合わせて最適なアドバイスを提供する。
保健指導はカウンセリング⇒リコメンドの流れで行う。カウンセリングの段階で日常生活や、食事・運動・睡眠などの生活状況の振り返りを通じて心理面の評価及び生活面の評価を行う(※1)。その結果を踏まえて行うリコメンドについては、1万件を超える食事・運動・睡眠のアドバイスカードの中から、対象者の普段の生活状況を踏まえて、最適なものをリコメンドする(※2)。

※1:心理面の評価は、トランスセオレティカルモデルに基づいて同社が開発した保健指導専用ツールを活用し、生活状況の振り返りを通じて生活習慣改善に関する対象者の恩恵とコストのバランスを評価して行う。
※2:リコメンドを行う際は、動機付け面接手法・社会的認知理論に基づき最適なアプローチを設定する。

本件に関するお問い合わせ先

タウンドクター株式会社
所在地:東京都港区南青山2-15
電話番号: 050-3173-8642
E-mail:support@npartner.jp
URL:  https://npartner.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-11-15

    2023年1月より運用開始「電子処方箋の取組状況」 / 厚生労働省 伊藤 建

    厚生労働省医薬 生活衛生局総務課、伊藤様に2023年1月より運用開始となる電子処方箋の取組状況につい…
  2. 2022-11-7

    使いやすさにこだわりUI・デザインの改善を続けるWEB予約・問診システム「アポクル」

    2018年にサービス提供を開始したクリニック向けWEB予約・問診システム「アポクル」。導入した医療機…
  3. 2022-10-31

    アフターコロナの社会でクリニックに求められること / ドクター総合支援センター 近藤 隆二

    ドクター総合支援センター 近藤 隆二 様にアフターコロナの社会でクリニックに求められることについてお…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る