大規模病院向けの次世代患者案内アプリ「Medical Avenue」をリリース

株式会社ファインデックス(本社:東京都千代田区、代表取締役:相原 輝夫、以下「同社」)は、大規模病院での受診に係るシームレスな手続きを実現するアプリ「Medical Avenue」の販売を開始し、1月4日より、京都大学医学部附属病院にて本格稼働した。

複数検査の受検や併科受診など、大規模病院における受診フローは非常に複雑であり、病院・受診者双方にとって利便性の高い運用方法の確立が課題とされてきた。Medical Avenueは、予約から会計までの一連の流れや保険情報を一元的に管理し受診者の手続きを簡素化するとともに、位置情報の取得活用を通じて診療効率の向上を実現する、画期的なクラウドサービス。検査結果の通知やオンライン診療との連携、電子同意書など、上述の課題解決へ向けた追加機能の実装を視野に入れつつ、大規模病院を中心に販売を展開していく。なお、管理運営は同社子会社であるフィッティングクラウド株式会社が行う。

Medical Avenueでできること

・診療予約情報の参照・変更依頼
受診者が自身の予約をスマートフォンでいつでも確認でき、また予約の変更依頼可能。

・保険情報の確認
病院の医事担当部署が、来院前の受診者が保有する保険証を予め確認可能。

・GPS来院受付
受診者が病院に到着すると自動で受付操作が行われる。列に並ぶ必要がないため、従来受付にかかっていた時間が大幅に短縮。

・行き先案内
Bluetoothビーコンにより、受診者は自身のスマートフォンで院内での現在地と行き先を参照可能。病院は受診者の現在地を把握することで、検査順序など工程の変更を柔軟に行えるため、診療効率が向上。

・後払い会計
診療終了後の会計待ち時間をなくすことで、すぐに帰宅可能。また、院内での滞在時間も短縮されることで、感染症予防対策にもつながる。電子帳簿保存法に対応しており、メールでの領収書や明細書の発行が可能。

製品の概要

製品については下記ページを参照。
同社HP:https://findex.co.jp/products/medical/medicalavenue/index.html
京都大学医学部附属病院HP:https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/outpatients/app.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ファインデックス
所在地: 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル26F
電話番号: 03-6271-8958
URL: https://findex.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-1-16

    セコムのセキュリティ技術を詰め込んだ 日本初のクラウド型電子カルテ

    2001年にサービスを開始した電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ(※以降「ユビキタス」と表記)…
  2. 2022-12-16

    大阪を中心に全国の医療機関をサポートする医療特化の税理士法人「日本クレアス」

    日本クレアス税理士法人大阪本部は、顧客の80%以上が医療・福祉分野に携わっており、医療に精通した税務…
  3. 2022-12-13

    <参加無料>「診療所マネジメントEXPO」で12/19までの入場者にAmazonギフト1万円が当たる年末年始感謝祭キャンペーンを実施!

    好評開催中の診療所マネジメントEXPOでご入場登録の感謝を込めた 年末年始感謝祭を実施する運びとな…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る