在宅医療の訪問シフトを最適化する「ZEST」ビジネスコンテストにて最優秀賞

 

株式会社ゼスト(所在地:東京都中央区、代表取締役:伊藤 由起子、以下「ゼスト」)が運営する、在宅医療の訪問スケジュール最適化による経営改善クラウドサービス「ZEST(ゼスト)、以下ZEST」は、9月23日に開催された、一般社団法人日本スタートアップ支援協会(代表理事:岡 隆宏)が主催するスタートアップ企業・ベンチャー企業によるビジネスプレゼンテーション(以下、「ピッチ」)コンテスト『The JSSA Tokyo Award』にて、応募総数120社の中から、最優秀賞に選出されたことを発表した。
また、SMBC日興證券賞・三井住友信託銀行賞・第一法律事務所賞・伊藤忠商事賞・Salesforce賞も同時受賞した。

選出理由
ZESTで介護人材不足問題を解決し、自宅で最期を迎えたいと希望する誰もが自宅にて医療サービスが受けられるようになるという社会的意義の高さが評価された。

【『The JSSA Tokyo Award』ピッチコンテスト 概要】
名称:『The JSSA Online Award』(イベント『The JSSA Online MeetUp Vol.31』内で実施)
開催日:2020年9月23日(水)
開催会場:オンライン
主催:一般社団法人日本スタートアップ支援協会(本部:大阪池田市、代表理事:岡 隆宏)
参加資格:上場やM&Aを目指すスタートアップ企業・ベンチャー企業
参加費:無料
賞典:「最優秀賞」協会ファンドより出資金として総額5,000万円※、「スポンサー賞」

※出資比率1%~10%まで、投資契約等の締結が必要、ポスト20億まで

【イベント『The JSSA Online MeetUp&Award』の特徴】
本イベントでは、IPOやM&Aの実現を目指す起業家が必要とする「ファイナンス」「メンター」「アライアンス」などについて、それを支援するサポーターとのビジネスマッチングを行っている。上場企業の経営者、大企業、証券会社、監査法人、VC、士業、行政、メディアとの良質なネットワーキングが期待できるイベント。「参加者情報リスト」の事前配布、Messengerによる事前マッチング等も行うため、時間を有効に活用できる、生産性の高いビジネス・マッチング・イベントを目指している。また「トークセッション」では、インターネットや書籍からは入手することが難しい、IPOやM&Aに必要なスキルや、失敗した事例の実体験を話してもらい、参加者からは大変大きな反響を得ている。

一般社団法人日本スタートアップ支援協会 概要
本協会の役割は、スタートアップ企業に優秀なメンターや良質な資金調達、ベンチャーフレンドリーな大企業とのネットワークを提供すること。スタートアップ企業、上場やM&Aを実現した経営者、大企業、証券会社、監査法人、銀行、エンジェル、VC、メディア、士業の専門家が最大のパフォーマンスを発揮しながらも共存できる、ベンチャーエコシステムを日本に構築することを目指している。

ZESTとは

https://www.zest.jp/
「ZEST」は訪問看護・介護・リハビリステーションおよび訪問診療における、訪問スケジュール作成にかける時間を95%(*)以上削減、スタッフの移動時間を15%(*)以上削減するクラウドサービス。訪問件数を2倍(*)以上に増やすことも可能で、訪問医療の人手不足問題解消に貢献する。スケジュールや訪問ルートの単純な自動化ではなく、看護師など医療スタッフの技能スキル、時間的制約などの全体最適化技術が特徴(特許取得済)。直近では、国内最大規模のヘルステックカンファレンス「HIMSS & Health 2.0 Japan 2019」のピッチコンテストにて、最優秀賞&Aflac賞をダブル受賞した。
(*) ZESTのβ版テスト実験結果に基づく数値

無料デモ 実施中!
毎週「水曜15時~」と「金曜11時~」で無料デモを実施中。ZESTに興味のある事業所は気軽に参加を。
※上記日程が合わない場合は個別でのデモ可。

無料デモ お申し込みページ:https://www.zest.jp/demo.html

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ゼスト

所在地:東京都中央区新富 2-4-12 三井ビル 3F

電話番号:03-5542-0542

URL:https://www.zest.jp/