SymView 今冬の発熱患者対応にWEB問診を活用した診療モデルケースを提案

株式会社メディアコンテンツファクトリー(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:毛塚 牧人)が提供するWEB問診「SymView(シムビュー)」では、発熱患者対応にWEB問診を活用した診療モデルケースを提案し、医療機関の院内感染対策に役立ててもらうプロジェクト(2020/2021 Infection Control プロジェクト)を開始した。

背景

今年の冬シーズンは、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念されている。そのような中、9月4日、厚生労働省より、発熱患者はこれまでの相談センターではなく、まずは地域の医療機関(かかりつけ医)に相談・連絡するよう通達があった。発熱患者の中には、新型コロナ感染者が混在する可能性があるため、医療機関にはこれまで以上に院内感染対策の徹底が求められる。
発熱患者も含め、すべての人が安全に医療にアクセスできるために、今冬は、院内感染対策を徹底した診療体制を整備・維持することが重要である。

そのため、同社では以下が必要だと考えている。
①新型コロナの感染リスクがある患者を、ほかの患者と同じ空間で待機させない。
②そのためには、来院前に患者の状況を確認した上で、トリアージを行う必要がある。

WEB問診SymViewは、新型コロナウイルス感染拡大以降、多くの医療機関でトリアージに活用されている。感染拡大防止により役立てるため、 WEB問診を活用した発熱患者対応の診療モデルケースを提案する。

2020/2021 Infection Control プロジェクト

【概要】

本プロジェクトでは、SymViewに発熱患者専用のWEB問診を新たに用意。WEB問診に患者が入力した内容で、新型コロナウイルスやインフルエンザの感染リスクを判断する。感染リスクに応じて、SymViewの画面上で患者に受診方法を指示する。合わせて、発熱時に受診方法が変更になることを患者に周知する各種告知ツール、オンライン診療に活用できるtonectを一部無償開放する。
【本プロジェクトが提案・提供するもの】

・発熱患者対応の診療モデルケース(発熱外来診療フロー)
・WEB問診SymViewの発熱患者専用問診
・患者向け各種告知ツール(WEBページ/チラシ/動画)
・オンライン診療に活用できる患者アクセスツールtonectの一部機能

 

【WEB問診入力〜受診の流れ】

1)発熱で受診する患者は、診療予約を取らずにWEB問診を入力
2)患者の回答状況に応じて新型コロナ・インフルエンザの感染リスクを自動判定
3)感染リスクに応じて問診完了時に出現するメッセージを変えて表示
(このメッセージにより、患者に受診方法を指示)

<メッセージ内容>
A)新型コロナウイルスが強く疑われるケース
受診時間の指定が可能なよう、クリニックからの電話の待機案内を表示。

B)コロナの疑いが低くインフルエンザが疑われるケース
そのままクリニックの発熱外来に来院するよう案内を表示。
事前連絡を少なくし、インフルエンザの検査を早期に行うことを想定している。

C)コロナ・インフルエンザとも疑いが低いケース
患者に受診方法の選択でオンライン診療の希望も可能にしている。
オンライン診療を希望した場合は受診方法の案内を待つよう案内を表示。

 

<患者向け告知ツール>
・WEBページサンプル
https://www.media-cf.co.jp/service/symview/sample/covid_lp/

・本プロジェクト利用対象

WEB問診SymViewユーザ(無償版ユーザは除く)

・費用

SymViewの通常料金にすべて含む

株式会社メディアコンテンツファクトリーについて

主に、医療コミュニケーション事業、広告配信事業を展開。

全国の医療機関向けに医療と患者をつなぐコミュニケーションサービスを提供しており、医療機関向けデジタルサイネージでは導入施設1,700施設以上で、国内最大のシェアを保有。WEB問診サービス、ホームページサービスなどを手がけ、企画・開発・販売・運用までをすべて自社で行っている。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社メディアコンテンツファクトリー

所在地:福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F

電話番号:092-471-3555

URL:https://www.media-cf.co.jp