医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るための取り組みについてお話をお伺いしました。
石川様には、現在公開中のCPA EXPOでもご講演いただいています。

CPA EXPO講演内容をお聞かせください

講演タイトル『これからの医療機関のDX』
医療機関のDXやICT化に向けて、今の病院が置かれている状況や医療業界全体のバックグラウンドのご説明に加え、わたしたちの病院の紹介とICTの利活用方法をご紹介いたします。
また、業務用SNSと電子カルテアプリを用いた具体的な事例もいくつかご紹介させていただきます。


CPA EXPOログインページへ

HITO病院の医療DXへの取り組みを教えてください

ほぼ全ての日勤帯の職員にiPhone端末を提供し、業務効率化、スタッフ教育に役立てています
コロナ禍になる前からICT化に積極的に取り組んでまいりました。
現在では、ほぼ全ての日勤帯の職員に一人一台の業務用iPhoneの提供が完了しており、様々なシーンの業務への活用が進んでいます。
具体的には、iPhone端末からアプリを活用しカルテを入力したり、業務用SNSによりチームで患者情報を共有したりできるため、わざわざパソコン端末の前に行かなくても、どこからでもカルテ情報や患者さんの情報を確認することが可能です。
持ち出し申請と承認といったフローを経る必要がありますが、必要に応じて病院の外からでもiPhone端末で情報を確認することもできます。
セキュリティ面の対策としては、情報システム課を内包したDX推進室という部署を設け、そちらで管理する仕組みを作っています。

また、この端末を利用して院内教育の推進もおこなっており、看護職の方などは業務の空き時間にeラーニングシステムを用いて様々な教育コンテンツを閲覧できます。
評価者がこのeラーニングの進捗具合によって被評価者の現状把握に利用するなど、教育面においても活用が進んでいる状況です。

さらに、患者さん自身が対象のアプリケーションを個人の端末にインストールしていただき、ご自身の端末から健診データなどを閲覧することができるといったメリットもあります。

理事長として、自院へのICT導入やDX化に踏み込んだきっかけは何だったのでしょうか

医療サービスの質を落とさずに業務の効率化を図るため
医療業界に限らず、日本国内のあらゆる地域と業種で起きている現象だと思いますが、やはりHITO病院においても、働き手の確保が難しくなったり、患者さんの高齢化が進んでいたりという状況がありました。

そこで、医療サービスの質を落とさずに業務の効率化を図るためには、ICTの利活用がベストなのではないかと考えたのが導入のきっかけです。

導入当初は、まずはチームや部署単位で小さく始めてみて、効果があったものを随時横展開していくという方法を取りました。
特に多忙な診療科目で積極的に進めた、ということもしていませんが、実際に忙しい診療科目ほどICTによって効率化できたという声はありました。

iPhone端末の導入についても一気に全員分用意したのではなく、情報共有のスピードや電話をかけなくて済むという便利さを多くのスタッフが実感したことで、自然と段階的に増えてきたという経緯があります。

DX化によりどのような変化が得られましたか

様々な作業やストレスが軽減されました
DX化による変化の中で最も大きな成果は、コミュニケーションや情報共有の形が変わったことで、様々な作業やストレスが軽減されたことです。

これまでは院内で利用するコミュニケーションツールといえば電話しかありませんでしたが、相手が何をしているかわからないため、特に忙しい医師に対して電話することに精神的な負担が大きかったのだと思います。

また、看護師さんたちは情報の確認のために病棟内を移動する時間が減ったことで、患者さんのケアに当たる時間が増えました。
単純に労働時間を短縮・制限するだけでは患者さんへのサービスが落ちますが、時間外労働も減少したという結果が出ているので、比較的うまく効率化できているのだと考えています。

クリニックで応用できるポイントはありますか

小さな取り組みから始める
クリニックの先生の働き方もその地域や診療科目によって千差万別だと思います。
自院に適した取り組みを見極め、小さなことから始めるといいのではないでしょうか。

iPhone端末のお話で言えば、個人端末を使用してクリニックのSNS運営やICTアプリを利用されているケースもあると思います。
機密性の高い情報を取り扱うことを考え、その場合は、データセキュリティの管理を徹底し対策を万全にされることをお勧めします。

プロフィール


社会医療法人石川記念会 HITO病院
理事長
石川 賀代 氏

社会医療法人石川記念会HITO病院理事長の石川です。
HITO病院ではコロナ禍以前よりもICTの利活用を進めておりましたが、特に最近では働き方改革やアフターコロナといったキーワードが叫ばれている通り、患者さんだけでなく医療を取り巻く関係者の生活様式が大きく変わってきていると思います。
現在は、ニューノーマルな社会構造にうまく対応するような医療サービスのあり方の模索に注力しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-8-8

    クリニック経営における事務長の役割 / 日本病院経営支援機構 理事長 豊岡 宏

    日本病院経営支援機構、理事長 豊岡 宏様にクリニック経営における事務長の役割についてお話をお伺いしま…
  2. 2022-8-1

    地域から求められる医療と介護の実現に向けて / 新潟医療福祉大学 特任教授 青柳親房

    新潟医療福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 特任教授の青柳親房様に、地域包括ケアシステムの視点から…
  3. 2022-7-21

    患者の記憶に残るクリニックのコミュニケーション / メディカルコンソーシアムネットワークグループ 理事長 山田隆司

    NPO法人メディカルコンソーシアムネットワークグループ理事長、山田隆司様に患者から選ばれるクリニック…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る