クリニック経営を院長夫人が支える!~院長が診療に集中出来る環境をつくる為に~

現在、クリニック経営を院長夫人の立場からサポートする事を目的として、「医ッ歩一歩の会」と「麗人サロン」を運営しております。 私は薬学部を卒業後、外資系の製薬会社でMRとして3年ほど勤務した後、25歳の時に栃木県でクリニックを経営する2代目院長に嫁ぎました。ところが経営状況は芳しくなく、院長自身のお給料は地方公務員の新卒程度、私自身は無給の状態、正直想像していた開業医の生活とは程遠い現状でした。医院経営や医療事務についての知識が全く無かったため医療の経営を学ぶ必要性を感じ、栃木県の医師会が立ち上げ

この記事は会員様限定です。既に会員の方はログインしてご覧ください。
ご新規の方は、下記より新規会員登録を行って頂くとすべての記事が読めるようになります。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-5-1

    2040年に向けたクリニックの役割と求められる医療体制 / 厚生労働省 谷口大樹氏

    厚生労働省地域医療計画課にて主査を務めていた谷口大樹様に、2040年に向けたクリニックの役割と理想の…
  2. 2023-4-27

    ICT導入で目指す医療個人情報共有化のメリット / 東京都医師会 目々澤肇氏

    東京都医師会の理事を務める、目々澤肇様にICTについてお話いただきました。 目々澤様には、現在公開…
  3. 2023-3-13

    【DOC TOKYO 会員限定で】診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023を配布開始

    診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023をダウンロードできます(会員限定) 近年、…

ランキング

ページ上部へ戻る