脳波解析による認知症診断ソフトウェア AIを活用

日本メジフィジックス(以下「NMP」)とノルウェーの Mentis Cura AS(以下「MC」)は、脳波解析ソフトウェアの日本における販売について、独占的契約を結んだ。
北欧諸国において 14 年以上を費やした研究により開発され、独自の脳波解析データベースを構築し、人工知能(AI)技術を活用することによって、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の鑑別を可能とする新たな脳波解析アルゴリズムの構築に成功した。MC は本脳波解析ソフトウェアの日本における薬事承認取得を目指して開発を担当し、薬事承認取得後に NMP は本ソフトウェアを日本国内において販売する予定。

MC独自の機械学習技術は、3000 人以上の患者による 10年間の追跡調査に基づき構築されたデータベースに活用され、アルゴリズム制御による診断用機器により脳機能の測定を実現している。種々の製品が複数の開発段階にあり、製品性能を検証するため大規模な臨床試験が進行している。現時点で最も開発の進んだ製品はアイスランドで、欧州におけるクラス1CE マーク医療機器として日常的に臨床現場で使用されている。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット / 名古屋大学大学院 教授 森健策

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割 / 社会医療法人社団光仁会 理事・法人本部長 吉田克己

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る