都内の花粉 例年の1.2倍、昨春の6割程度

東京都は23日、都内における平成31年春のスギ・ヒノキ花粉の飛来予測について、飛来花粉の量は例年(過去10年平均)の1.2倍程度で、昨春の6割程度となる見込み(昨春と比べ、区部では0.4~0.5倍、多摩地域では0.6~0.8倍となる見込み)だと発表した。

飛来開始は2月11日から14日ごろとし、例年(過去10年平均)よりやや早めとなる見込みだという。

また、飛来花粉の多い日の予測(飛散花粉数が「多い」に分類される1日あたり30個/平方センチメートル以上飛散する日数)は、区部で34日程度、多摩地域で40日程度となる見込み。

花粉情報は、アレルギー疾患に関する総合サイト「東京都アレルギー情報navi.」で発信。1月23日から情報提供を開始し、花粉症に関する基礎知識や対応・対策に加え、花粉の飛散状況、花粉症の原因となる植物の情報などについて提供している。

また、2019年版「花粉症一口メモ」を都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階)及び健康安全研究センター等で無償配布するとともに、ホームページにも掲載している。

東京都では、花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、飛散花粉数の観測を行うとともに、観測結果などに基づき、花粉飛散予測を実施している。23日、東京都花粉症対策検討委員会を開催し、都内における平成31年春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測等の検討を行った。

 

東京都アレルギー情報navi.〈東京都の花粉情報〉
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/allergy/pollen/index.html

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット / 名古屋大学大学院 教授 森健策

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割 / 社会医療法人社団光仁会 理事・法人本部長 吉田克己

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る