「ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社」、対話型支援機器を医療機関などでの展開を拡大、新サービス創出も

卓上型会話支援機器「comuoon®シリーズ」の設計・開発・販売を行うユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(本社:東京都港区、以下「ユニバーサル・サウンドデザイン」)は、この度、東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、以下「東和薬品」)、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、以下「TIS」)からの出資を受け、2社の合併会社であるTスクエアソリューションズ株式会社(本社:大阪府守口市、以下「Tスクエアソリューションズ」)を通して、「comuoon®シリーズ」の販売を拡大する。

現在、超高齢化社会による難聴者増加に加え、ヘッドフォンによる騒音性難聴やストレスによる突発性難聴など、“難聴”に悩む人が増加する中、このような“聴こえ”に関する社会課題解決を目指し、今回、Tスクエアソリューションズを通して、自治体や医療機関・介護施設・保険薬局への「comuoon®」の展開を強化していく。
また、東和薬品、TISとの協業により、「comuoon®」の技術を活かしたアプリケーションの開発など、ヘルスケア領域における新たなサービス創出も目指す。

■「comuoon®」について

「comuoon®」は、聴こえが気になる人に対して、話者側から歩み寄るというコミュニケーション支援の新しい形を実現した、卓上型会話支援システム。
補聴器のように従来の“聴き手”側のみの問題に焦点を当てるのではなく、“話し手”の声を聞きやすい音質に変換し、コミュニケーションを支援する。2016年度と2017年度グッドデザイン賞を受賞し、「グッドデザイン・ベスト100」にも選出されている。

また、「comuoon®」は、米国脳科学関連学会「14th Annual World Congress of Brain Mapping and Therapeutics」および、「第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会」において、脳科学的視点から難聴者に対する語音弁別の有用性を発表し、音の大きさではなく「明瞭度」が難聴者のコミュニケーションにおいて必要であることを証明した。難聴者への生活支援ツールならびに、聴覚リハビリツールとしての活用も可能としている。

■ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社について
東京本社:東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2F
設立:2012年4月
代表取締役:中石 真一路
事業内容
・聴こえ支援機器の設計・開発・販売
・各種店舗、建築物および室内空間のサウンドデザイン企画、制作コンサルタント業
・スマートフォンアプリケーションの設計・デザイン・開発
・スピーカーおよびアンプなどの音響機器の設計・製造・販売
・PAおよびSR用音響機器の改修および修理

■本件に関するお問い合わせ
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社
URL:http://u-s-d.co.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-1-16

    セコムのセキュリティ技術を詰め込んだ 日本初のクラウド型電子カルテ

    2001年にサービスを開始した電子カルテ「セコム・ユビキタス電子カルテ(※以降「ユビキタス」と表記)…
  2. 2022-12-16

    大阪を中心に全国の医療機関をサポートする医療特化の税理士法人「日本クレアス」

    日本クレアス税理士法人大阪本部は、顧客の80%以上が医療・福祉分野に携わっており、医療に精通した税務…
  3. 2022-12-13

    <参加無料>「診療所マネジメントEXPO」で12/19までの入場者にAmazonギフト1万円が当たる年末年始感謝祭キャンペーンを実施!

    好評開催中の診療所マネジメントEXPOでご入場登録の感謝を込めた 年末年始感謝祭を実施する運びとな…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る