「ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社」、対話型支援機器を医療機関などでの展開を拡大、新サービス創出も

卓上型会話支援機器「comuoon®シリーズ」の設計・開発・販売を行うユニバーサル・サウンドデザイン株式会社(本社:東京都港区、以下「ユニバーサル・サウンドデザイン」)は、この度、東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、以下「東和薬品」)、TIS株式会社(本社:東京都新宿区、以下「TIS」)からの出資を受け、2社の合併会社であるTスクエアソリューションズ株式会社(本社:大阪府守口市、以下「Tスクエアソリューションズ」)を通して、「comuoon®シリーズ」の販売を拡大する。

現在、超高齢化社会による難聴者増加に加え、ヘッドフォンによる騒音性難聴やストレスによる突発性難聴など、“難聴”に悩む人が増加する中、このような“聴こえ”に関する社会課題解決を目指し、今回、Tスクエアソリューションズを通して、自治体や医療機関・介護施設・保険薬局への「comuoon®」の展開を強化していく。
また、東和薬品、TISとの協業により、「comuoon®」の技術を活かしたアプリケーションの開発など、ヘルスケア領域における新たなサービス創出も目指す。

■「comuoon®」について

「comuoon®」は、聴こえが気になる人に対して、話者側から歩み寄るというコミュニケーション支援の新しい形を実現した、卓上型会話支援システム。
補聴器のように従来の“聴き手”側のみの問題に焦点を当てるのではなく、“話し手”の声を聞きやすい音質に変換し、コミュニケーションを支援する。2016年度と2017年度グッドデザイン賞を受賞し、「グッドデザイン・ベスト100」にも選出されている。

また、「comuoon®」は、米国脳科学関連学会「14th Annual World Congress of Brain Mapping and Therapeutics」および、「第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会」において、脳科学的視点から難聴者に対する語音弁別の有用性を発表し、音の大きさではなく「明瞭度」が難聴者のコミュニケーションにおいて必要であることを証明した。難聴者への生活支援ツールならびに、聴覚リハビリツールとしての活用も可能としている。

■ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社について
東京本社:東京都港区海岸1-9-11 マリンクス・タワー2F
設立:2012年4月
代表取締役:中石 真一路
事業内容
・聴こえ支援機器の設計・開発・販売
・各種店舗、建築物および室内空間のサウンドデザイン企画、制作コンサルタント業
・スマートフォンアプリケーションの設計・デザイン・開発
・スピーカーおよびアンプなどの音響機器の設計・製造・販売
・PAおよびSR用音響機器の改修および修理

■本件に関するお問い合わせ
ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社
URL:http://u-s-d.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-10-19

    AI顔認証サーモグラフィーカメラDC77、検温の他に体調不良などをチェックできる「アンケート(問診)機能」をリリース

    ダンボネット・システムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:尾崎 憲一)は、同社が開発・製造・…
  2. 2021-10-15

    【10/27(水)】待合室のないクリニックを実現する 診察オペレーションとは? ーシステム・人材活用法まで大解剖!ー

    新型コロナウイルスの感染拡大以降、患者が受診しやすい診療所づくりは集患の大きな鍵となっています。 …
  3. 2021-10-14

    医療機関の事業承継・M&Aを支援する「医業承継サポート」

    医業承継支援、医療経営支援を行う株式会社エムステージマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区…

ログイン

ページ上部へ戻る