台風19号による浸水被害を受けた医療機関に対し、紙カルテ・X線写真等のデジタルアーカイブ化を無償支援

株式会社HealtheeOne(本社:福島県いわき市、代表取締役社長CEO:小柳 正和、以下「HealtheeOne」)は、台風19号によって浸水被害を受けたクリニックに対し、紙カルテ電子化サービス「HealtheeOneスキャン」を利活用して被災した紙カルテやX線写真等のデジタルアーカイブ化作業を無償で提供することにより、被災した医療機関の支援を行う。 「HealtheeOneスキャン」は、院内で保管されている紙カルテの電子化を推進する同社のサービスで、検索や閲覧効率向上はもちろんのこと、院内

この記事は会員様限定です。既に会員の方はログインしてご覧ください。
ご新規の方は、下記より新規会員登録を行って頂くとすべての記事が読めるようになります。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-20

    かかりつけ医制度の課題と医療の個別化について / 次世代医療構想センター 吉村 健佑氏

    千葉大学病院 次世代医療構想センター センター長の吉村様に、かかりつけ医制度の課題や医療の個別化につ…
  2. 2023-3-17

    シンプルな画面と紙カルテ感覚で使える電子カルテ

    シンプルな操作と低コストで始められるクラウド型電子カルテ「きりんカルテ」。デジタル機器に苦手意識を持…
  3. 2023-3-13

    【DOC TOKYO 会員限定で】診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023を配布開始

    診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023をダウンロードできます(会員限定) 近年、…

ランキング

ページ上部へ戻る