新型コロナのオンライン医療相談に。千葉県いすみ市が助成開始

千葉県いすみ市は、新型コロナウイルスに関するオンライン医療相談への助成を2月27日より開始した。
新型コロナウイルスへの感染の疑いがある場合、パソコンやスマホから市内の協力医療機関に相談できる。相談は予約制で、オンライン医療相談を受けてクレジットカードで決済すると、領収書が郵送で自宅に届く。相談料金は2000円だが、いすみ市の住民が後日申請すると助成を受けられる。オンライン医療相談にはメドレーのオンライン診療アプリ「CLINICS」を活用する。
現在国内では、感染経路が明らかではない患者が散発的に発生しており、感染拡大の防止が喫緊の課題となっている。国は感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することを避けることを求めている。今回のオンライン医療相談の助成は感染防止の取り組みの1つと言える。

■オンライン医療相談の利用方法

1.指定の医療機関に直接電話で予約方法を確認。
指定の医療機関は下記参照。
http://www.city.isumi.lg.jp/topics/2020/02/post_679.html

2.パソコンやスマホで相談日時を予約。

3.テレビ電話で相談をし、クレジットカードで決済。

4.郵送で領収書を受け取る。
※相談料(2000円)は後日申請により助成対象に。

■千葉県いすみ市「オンライン医療相談」詳細はこちら
http://www.city.isumi.lg.jp/topics/2020/02/post_679.html

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…
  2. 2022-9-5

    医療現場の課題解決から始まった世界への挑戦/ ただともひろ胃腸科肛門科 理事長・株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 多田智裕

    ただともひろ胃腸科肛門科の理事長であり、株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEOの多田智裕氏…
  3. 2022-8-22

    AI医療機器の活用で変化する医師の働き方 / 医療機器センター付属医療機器産業研究所 主任研究員 松橋 祐輝

    公的財団法人 医療機器センター付属医療機器産業研究所の主任研究員である松橋様にAI医療機器の活用や医…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る