日本発の本格的な在宅での「オンライン妊婦健診・診療」をサポート

日本発のモバイル胎児モニターを開発・販売するメロディ・インターナショナル株式会社(本社:香川県高松市、代表取締役:尾形 優子)は、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて北海道大学病院により開始された、家にいながら妊婦健診を受ける「オンライン妊婦健診・診療」への協力を開始した。 北大病院産科では妊婦健診・診療現場での感染リスクの低減を目指して、オンライン妊婦健診・診療が臨時対応として開始された(期間未定)。その一部として、オンラインにて使用可能なモバイル型の胎児モニター「分娩監視装置iCTG(医療機

この記事は会員様限定です。既に会員の方はログインしてご覧ください。
ご新規の方は、下記より新規会員登録を行って頂くとすべての記事が読めるようになります。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-20

    かかりつけ医制度の課題と医療の個別化について / 次世代医療構想センター 吉村 健佑氏

    千葉大学病院 次世代医療構想センター センター長の吉村様に、かかりつけ医制度の課題や医療の個別化につ…
  2. 2023-3-17

    シンプルな画面と紙カルテ感覚で使える電子カルテ

    シンプルな操作と低コストで始められるクラウド型電子カルテ「きりんカルテ」。デジタル機器に苦手意識を持…
  3. 2023-3-6

    クリニックでも来院拒否できる。 医療機関ならではのクレーマー対策 / 島田法律事務所 島田直行氏

    島田法律事務所の代表を務める島田様に、クリニック経営におけるクレーマー対応についてお話を伺いました。…

ランキング

ページ上部へ戻る