在宅医療におけるスケジュール管理をもっと楽にする「CrossLog(クロスログ)」を正式リリース

株式会社diffeasy(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:白石 憲正、以下「diffeasy」)は、在宅医療専用スケジュール管理ソフト「CrossLog」(以下「CrossLog」)を4月7日に正式リリースした。
新型コロナウイルスが感染拡大する中、より需要が高まる在宅医療業界における医療従事者をサポートするツール。医療従事者がスケジュール作成に労力と時間を要している課題を解決し、1人でも多くの患者と接する時間を増やすことを目指している。
※CrossLog(クロスログ)は、(公財)福岡県産業・科学技術振興財団の開発支援事業を活用している。
令和元年度IoTシステム関連製品開発支援事業

CrossLogについて

 

CrossLogは訪問診療サービスを提供するクリニックのスケジュール業務効率化を実現するアプリ。サービスページの無料お試しから、3ヶ月間無料で直ぐ利用可能。

・サービスページ
https://crosslog.life/

<在宅医療のスケジュール作成作業を軽減>
今まで紙やExcelでスケジュール管理していたものが、CrossLogの訪問診療カレンダーなら一つのツールで管理が可能となる。また医師の予定や患者のデイサービスなどの予定より、システムで自動チェックを行い、チェック時間を大幅に削減したスケジュール作成を可能とする。

<在宅医療のスケジュールを様々な医療機関に連携可能>
作成したスケジュールを患者様や医療機関などに向けて分割作業して印刷していたカレンダーもCrossLogの画面から様々な形式でExcelダウンロードが可能。これにより従来手作業でやっていた作業が大幅に削減される。Excelでのダウンロードのため、任意の修正が可能。

<在宅診療の移動スケジュールがスムーズに>
GoogleMapsとの連携で患者宅の地点を登録。一日の移動スケジュールや経路が一目瞭然に。
次の移動までの移動時間が実際のスケジュール組みと合わない場合はアラートが出るため、無駄のない時間管理が可能となる。

事例紹介

正式リリースに先駆け、CrossLogの施行版を福岡県福岡市南区にある「すまいる歯科クリニック」の導入実績を事例として紹介。
すまいる歯科は福岡市南区井尻で「訪問歯科診療」に力を入れているクリニック。
現在、患者の自宅をはじめとして、病院、介護老人保健施設、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) 、有料老人ホーム 、サービス付き高齢者向け住宅にて訪問歯科サービスを提供している。

<すまいる歯科クリニック 導入事例>
「スケジュール作成時間の大幅削減!施設への報告書類の出力機能が簡単・便利!」
- 1週間半以上掛かっていたスケジュール作成が2日間に! -
https://crosslog.life/case/smile-dental-clinic/

株式会社diffeasy(ディフィージー)について

世界中の“むずかしい”を簡単に 〜make difficult things easy.〜
世界中の“difficult(むずかしい)”を“easy(かんたん)”に変える。
会社名にも込められたこの想いを大事にして、社会に付加価値を提供することを目指しています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社diffeasy
所在地:福岡県福岡市博多区中洲4丁目6-12プラート中洲6F
電話番号:092-710-7216
URL:https://diffeasy.com

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    感染対策から予防接種予診票までー業務効率化だけに留まらないWEB問診活用法

    医療機関の受付・診察業務効率を大幅に改善するツールとして開発された「WEB問診SymView」。 …
  2. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  3. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…

ログイン

ページ上部へ戻る