検温機能付デジタルサイネージ取扱開始

株式会社CEホールディングス(東証一部)のグループ会社で、医療情報システムの開発及びデジタルサイネージシステムの開発・販売を行う株式会社ディージェーワールド(本社:札幌市白石区、代表取締役社長:金盛 貴浩、以下「DJW」)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に効果的な検温機能付きデジタルサイネージの取り扱いを開始した。
また、それに伴い、2020年9月末まで特別値引きキャンペーンを実施する。

背景

新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっており、その感染拡大防止を目的として、厚生労働省から「新しい生活様式」が提唱されている。経済活動を再開しつつも、一人一人が感染症予防に最大限留意しなければならない状況の中、事業者にとって、お客様へ効果的かつ効率的に状況を周知することができるデジタルサイネージは非常に効果的である。
DJWは、下記2製品の取り扱いを開始したが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため広く普及することを期待し、2020年9月末まで特別値引きキャンペーンを実施することにした。

製品概要

1.ハンドウォッシュ付き21型検温サイネージ
(ネットドア株式会社製 D-Sign Clean)
・タッチパネルディスプレイで様々な情報を配信。
・オートディスペンサーで自動噴射される。タッチレスなので安心して利用可能。
・正面に立つと高性能赤外線センサーが体温を測定。測定結果はポップアップで画面に表示される。

2.大画面サーモ付き 43型検温サイネージ
(株式会社アズオン製 DS-43S)
・大型モニタ&サーモカメラで存在感のある自動検温装置
(0.5秒の瞬間スクリーニングで誤差±0.1℃)
・異常発熱を検知した場合、本体から警告音と光で発熱の疑いのある人に警告する。

■キャンペーン概要
2020年9月末まで特別価格にて提供

詳細はこちら
こちらを参照。

■株式会社ディージェーワールドについて
事業内容:医療情報システム開発、導入、コンサルティング
デジタルサイネージシステム開発、販売、導入
デジタルサイネージコンテンツ制作、販売
ITプロジェクトコンサルティング、プロジェクトコーディネート

参考

1.デジタルサイネージについて
屋外の大型画面や屋内の小型ディスプレイを用いた表示システムであり、広告はもちろん、販売促進や各種案内のための情報提供を可能にするシステム。写真や動画を表示させることも可能なため、紙で行う掲示より視認性が高く、目に入りやすいことから、効率的な情報発信を行うことができる。

2.DJWのデジタルサイネージの特徴
DJWのデジタルサイネージシステムはクラウド型を採用しているため、遠隔操作が可能。また、パソコンがあまり得意ではない場合でも簡単に操作できるため、購入したその日からデジタルサイネージの運用が可能となる。
DJWのサポートセンターでは豊富な経験を活かし、事業者とともにどのようなコンテンツを準備すべきかを考え、より良い提案を行っていく。

本件に関するお問い合わせ先(本製品・キャンペーンを含む)

株式会社ディージェーワールド
所在地:札幌市白石区平和通15丁目北1番21号
電話番号: 011-827-8330
メールアドレス:support-signage@djwld.com
URL: https://www.djwld.com/
デジタルサイネージ紹介サイト:https://start-digital-signage.info/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-11-15

    2023年1月より運用開始「電子処方箋の取組状況」 / 厚生労働省 伊藤 建

    厚生労働省医薬 生活衛生局総務課、伊藤様に2023年1月より運用開始となる電子処方箋の取組状況につい…
  2. 2022-11-7

    使いやすさにこだわりUI・デザインの改善を続けるWEB予約・問診システム「アポクル」

    2018年にサービス提供を開始したクリニック向けWEB予約・問診システム「アポクル」。導入した医療機…
  3. 2022-10-31

    アフターコロナの社会でクリニックに求められること / ドクター総合支援センター 近藤 隆二

    ドクター総合支援センター 近藤 隆二 様にアフターコロナの社会でクリニックに求められることについてお…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る