医療現場向け統合型国際化支援サービス「T-4PO Medicare」がリリース

株式会社ロゼッタ(本社:東京都新宿区、代表取締役:五石 順一)は、医療現場の外国人患者受け入れ体制支援を目的とした統合型国際化支援サービス「T-4PO Medicare」を8月21日にリリースした。 目的 今般、医療ツーリズムを含む訪日外国人旅行者や在留外国人数は長らく増加傾向にあり、直近では新型コロナウイルスの影響により一時的に大きく減じているものの、依然として医療現場では外国人患者への対応が急務となっている。他方、医療現場の実情として、厚労省の全国調査によると「意思疎通の問題」「未収金や訴訟

この記事は会員様限定です。既に会員の方はログインしてご覧ください。
ご新規の方は、下記より新規会員登録を行って頂くとすべての記事が読めるようになります。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-5-1

    2040年に向けたクリニックの役割と求められる医療体制 / 厚生労働省 谷口大樹氏

    厚生労働省地域医療計画課にて主査を務めていた谷口大樹様に、2040年に向けたクリニックの役割と理想の…
  2. 2023-4-27

    ICT導入で目指す医療個人情報共有化のメリット / 東京都医師会 目々澤肇氏

    東京都医師会の理事を務める、目々澤肇様にICTについてお話いただきました。 目々澤様には、現在公開…
  3. 2023-3-13

    【DOC TOKYO 会員限定で】診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023を配布開始

    診療所向け予約・問診・オンライン診療カオスマップ2023をダウンロードできます(会員限定) 近年、…

ランキング

ページ上部へ戻る