生活者とかかりつけ医をつなぐクリニック向け新サービス「ユビーリンク」開始

Ubie株式会社(本社:東京都中央区、以下「Ubie」)は生活者と地域のかかりつけ医(クリニック)をつなぐ新サービス「ユビーリンク」を7月27日より開始した。「ユビーリンク」では、月間150万人が利用するWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー」を通じたクリニックの情報掲載、予約導線の設置、生活者の回答した症状の事前送付が可能となる。クリニックが当サービスを登録・利用するにあたって費用はかからず無料。なお、本サービスは普及に向けた共同展開を株式会社スズケン(愛知県名古屋市)と実施する。スズケングループが保有する全国の医療機関へのネットワークやMS(営業担当者)による提案機能により、早期に必要な医療機関へのサービス提供およびサポート体制の構築に努める。

背景

コロナ禍によるワクチン接種において、健康について気軽に相談できる「かかりつけ医」としてクリニックが注目を集めている。かかりつけ医は患者の病歴や薬歴を把握しているため体調や不安についての相談がしやすく、新型コロナワクチンについてもより安心して接種を受けられる。しかし、日本には10万軒以上のクリニックが存在するにも関わらず、かかりつけ医を持たない人も少なくなく、特に若い世代ではその傾向が顕著である。一方でかかりつけ医は、ワクチン接種に限らず、各地域住民の健康を守るゲートキーバーとしての役割を担っており、国民の4人に1人が75歳以上となる超高齢社会を2025年に迎える日本において、医療を支える上で不可欠な存在である。「ユビーリンク」は生活者と地域のかかりつけ医をつなぐための新しい取り組み。誰もが自分の健康について相談できるかかりつけ医を持てるようにサポートし、生活者の健康と医療界のエンパワーメントに貢献していく。

「ユビーリンク」について

月間150万人以上が利用するWeb医療情報提供サービス「AI受診相談ユビー(https://ubie.app/)」上で写真やメッセージなどの詳細な医療機関情報を掲載し、近隣住民への認知度の向上につなげられるサービス。さらに、予約導線の設置と生活者の回答結果の事前受信も可能となり、初診患者のスムーズな受け入れを支援する。登録・利用は無料で、新たなシステムの導入も不要。

ユビーリンク
https://intro.dr-ubie.com/ubielink

特徴1:詳細な医療機関情報の掲載
写真やメッセージなど、受診先を探す生活者に向けて表示される医療機関一覧での掲載情報が充実。近隣住民への認知向上を支援する。

特徴2:予約導線の設置
生活者が「AI受診相談ユビー」で近隣の医療機関一覧からクリニックを選択した後、予約導線を設置できる。「電話」「WEB予約フォーム」「予約せず直接来院」からの選択が可能。

特徴3:回答した症状に関する情報の事前受信
生活者が「AI受診相談ユビー」で回答した症状に関する情報を、来院前に受け取れる。回答結果は医学用語に翻訳され、自動的に文章が作成される。回答結果は「専用Webサイト」に加え「メール」や「FAX」でも受信できる。

特徴4:医師向け検索サイトへの掲載(無料オプション)
全国400以上の医療機関が導入する「AI問診ユビー」の医師向け検索サイト上で、逆紹介先を探す医療機関に向けた情報掲載が可能となる。

本件に関するお問い合わせ先

Ubie株式会社
所在地: 東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル6階
電話番号:03-4405-2169
URL:  https://ubie.life

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-9-24

    クリニックを発展させる組織づくり#4

    スタッフに不満はあるが、離職を考えるとやたらと気を遣ってしまいます この連載では、組織を成長さ…
  2. 2021-9-23

    AIを用いた新たな脳核医学検査手法の開発に着手

    株式会社フォーカスシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 啓一)は、横浜市立大学放射線診…
  3. 2021-9-22

    アフターコロナのクリニック経営#8

    #8 クリニック経営を継続するために利益を出し続ける Q .クリニックの利益を出し続けるに…

ログイン

ページ上部へ戻る