ePRO(電子患者報告アウトカム)と電子カルテ(EMR)をシステム連携

がん患者のアプリ上の入力データを電子カルテから確認可能に。医療現場に即したICT活用で医療の質を向上。

概要

学校法人聖マリアンナ医科大学(所在地:神奈川県川崎市、理事長:明石 勝也、以下「聖マリアンナ医科大学」)と3Hクリニカルトライアル株式会社 (所在地:東京都豊島区、代表取締役:滝澤 宏隆、以下「3H」)は、ePRO(電子患者報告アウトカム)※と電子カルテ(EMR)※をシステム連携、患者の日常の健康情報と治療の内容を合わせて的確に確認できるダッシュボードを作成し、聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科にて運用を開始した。これにより、がん患者が日常に感じている自覚症状と服薬などの治療情報を診察時に確認し、より適切な治療を検討することが期待できる。

限られた問診時間で患者が日常生活における自覚症状を伝えることは簡単ではなく、医師がその情報を正確に把握することも容易ではない。しかしePROを活用することで、患者が日常に感じていた症状をエビデンスに基づいた指標なども活用して把握することが可能になる。

近年、海外では、ePROなどを活用して取得した、がん患者の健康情報(PHR:パーソナルヘルスケアレコード)を活用することで生活の質(QOL)の向上や生存期間が延長するなどの研究結果も発表されており、注目を集めている。
しかし一方で、ePROを導入するには、病院で使用されている電子カルテシステムなどとの連携が課題となっていた。例えば問診時にePROに入力された情報と電子カルテにある治療情報などを別々のシステムで確認するといった非効率な運用となっていた。

こうした課題に対し、3Hが提供するePRO「3H-P Guardian」を聖マリアンナ医科大学の電子カルテと連携し、一つの画面で診療に必要となるePROと電子カルテのデータを確認することを可能にした。
これにより、限られた問診の時間内でも、患者がePROに入力した日々の自覚症状と服薬などの治療状況を的確に素早く確認することが可能となり、適切な治療方針の検討をサポートする。

※ePRO(電子患者報告アウトカム):患者から直接得られる患者の状態情報(PRO)を電子的に収集する仕組み。
※電子カルテ(EMR):医師が記録する診療の経過(診療録)を電子情報として保存・管理するシステム。

本件に関するお問い合わせ先

3Hメディソリューション株式会社
所在地: 東京都豊島区南池袋1-13-23 池袋YSビル 2F
電話番号:03-5953-2108
URL: https://3h-holdings.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-26

    クリニックを発展させる組織づくり#6

    院長が売り上げも技術も一番でなければいけない? この連載では、組織を成長させるマネジメント方法のベ…
  2. 2021-11-24

    アフターコロナのクリニック経営#10

    #10 クリニックに上手にお金を貯める方法 Q .クリニックに上手にお金を貯めるにはどうす…
  3. 2021-11-15

    【11月22日(月)】CPA EXPO 2021-2022 オープン

    DOC TOKYO(ドックトーキョー)は、2021年11月22日(月)より、クリニック業務を効率化し…

ログイン

ページ上部へ戻る