パナソニックの「顔認証付きカードリーダー(マイナンバーカード対応)」が全国の医療機関・大手薬局チェーン等に約7万台採用

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫、以下「パナソニック」)は、10月20日より開始したオンライン資格確認の本格運用に向けて、パナソニックの「顔認証付きカードリーダー(マイナンバーカード対応)」が全国の医療機関(病院・医療診療所・歯科診療所)や薬局に、約7万台採用された(※1)ことを発表した。多数の大手薬局チェーンにも採用され、全国の様々な場所で順次利用可能となる。世界最高水準(※2)の顔認証技術とユーザーに寄り添ったデザインの端末で、マイナンバーカードを活用した国民の健康管理と医療現場の効率化に貢献していく。

今回の本格運用の開始に伴い、システムを導入した医療機関・薬局の医師や薬剤師は、同意を得た患者の特定健診(40~74歳までを対象とした生活習慣病予防等のための健診)(※3)や薬剤情報(医療機関を受診し薬局で受け取った薬の情報)(※4)を閲覧できるようになる。これまで患者は、過去に処方された薬や特定健診等の情報を医師や薬剤師に正確に伝えることが困難だったが、過去の薬や特定健診等のデータの提供に患者が同意することで、口頭で説明する必要なく、正確に医師や薬剤師に伝わる。さらに、患者一人一人のデータを考慮したうえで診察・薬の処方をしてもらえるため、より適切な医療が受けられる。

2021年10月中には、患者自身もマイナポータル(マイナンバーカードを使った様々な行政の手続やお知らせの確認がオンラインで24時間可能なWebサイト・アプリ)で特定健診情報や薬剤情報を閲覧することが可能になる。これにより、国民一人一人が自身の保健医療情報を把握し、必要な時に閲覧できるようになることで、データを元にした有効な健康管理に活用することができる。

※1 申込受付分のうち、出荷済の端末台数。(2021年10月18日時点)
※2 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB -A Face Identification Challenge Performance Report)において世界最高水準の評価を得た後もさらなる顔認証技術の強化で認証精度向上とエラー削減を続け、NIST「FRVT 1:1」(2021年8月2日発行)の「Ongoing Face Recognition Vendor Test」においても、世界最高水準の評価結果を得ている。
※3 特定健診情報は令和2年度以降に実施したものから5年分の情報が参照可能
※4 薬剤情報は令和3年9月以降に診療したものから閲覧が可能となり、3年分の情報が参照可能。

【参考サイト】
・厚生労働省 オンライン資格確認ポータルサイト
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/
・厚生労働省 マイナンバーカードの保険証利用について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08277.html

本件に関するお問い合わせ先

パナソニック株式会社
所在地: 大阪府門真市大字門真1006番地
電話番号: 06-6908-1121
URL:  http://www.panasonic.com/jp

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-26

    クリニックを発展させる組織づくり#6

    院長が売り上げも技術も一番でなければいけない? この連載では、組織を成長させるマネジメント方法のベ…
  2. 2021-11-24

    アフターコロナのクリニック経営#10

    #10 クリニックに上手にお金を貯める方法 Q .クリニックに上手にお金を貯めるにはどうす…
  3. 2021-11-15

    【11月22日(月)】CPA EXPO 2021-2022 オープン

    DOC TOKYO(ドックトーキョー)は、2021年11月22日(月)より、クリニック業務を効率化し…

ログイン

ページ上部へ戻る