夜間・休日の往診サービス「コールドクター」 コロナ禍の年末年始で往診件数が前週比1.8倍に

株式会社コールドクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中原 毅、代表取締役:合田 武広)が運営する夜間・休日の往診サービス「コールドクター」(https://calldoctor.jp/)の往診件数が、年末年始で前週比176%と急増した。PCR検査件数も前週比471%と依然として大きく増えており、新型コロナウイルスの感染拡大が急速に進んでいる。
また、現在の1都3県への緊急事態宣言下においては、「コールドクター」の往診体制を増強して備えていく方針としている。

年末年始で需要が顕著となった往診サービス

年末年始は一般的に休診している病院が多いにも関わらず、大きな医療機関は新型コロナウイルス重症患者によって医療体制がひっ迫しているとの報道が増えていることから、新型コロナウイルスの感染を心配する人にとっては不安の大きい年末年始となった。
そんな中、夜間・休日の往診サービスを提供する「コールドクター」の往診件数は、2020年12月23日~28日と2020年12月29日~2021年1月3日とで比較したところ、176%と急増した。新型コロナウイルスの感染の拡がりに際して、早め早めの受診を希望する人や二次感染のリスクを少しでも軽減したい人等からの往診需要が高まっているものと思われる。
今後も「コールドクター」では、患者やその家族に寄り添い、次々と新たに発生する様々な社会的な心配を払拭できるよう、サービスの向上を目指していく。

「コールドクター」について

「コールドクター」は、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診サービス。アプリで簡単に予約、最短30分で自宅へ医師が診察に伺い、その場で薬を渡すことができる。
「コールドクター」には、医療機関との連携により約100名の医師が登録しており、急な体調不良時にも安心して相談できる。
「コールドクター」アプリは、App StoreもしくはGooglePlayよりダウンロードして、無料での利用が可能。

【診察の流れ】
① 診察予約の申し込み
② 医師が自宅へ訪問
③ 自宅で診察
④ その場で薬を渡す
⑤ 後日郵送にて請求(NP後払い:コンビニ払い・銀行振込が選択可能)
※医師の判断により、自宅へ伺わずに直接医療機関を紹介する場合もある。

株式会社コールドクターについて

「コールドクター」は、受診できる医療機関が限られている・診察まで長時間待たされてしまう・受診を断られてしまうこともある、といった夜間休日の診療を取り巻く課題を解決する医療サービスを目指している。
また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による新しい生活様式に適合した医療サービスとして「コールドクター」を社会に根付かせることにより、医療崩壊の回避に貢献していく。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社コールドクター
所在地: 東京都渋谷区松濤1丁目28-2
電話番号: 0120-897-146
URL: https://calldoctor.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-4-13

    訪問看護の専門家が、現場を膨大な請求業務から解放し、「時間」を生み出す新サービスが登場

    株式会社eWeLL(イーウェル、本社:大阪府大阪市、代表者:中野 剛人)は、2021年1月から開始し…
  2. 2021-4-12

    アフターコロナのクリニック経営#3

    #3 患者さんに選ばれ続けるクリニックの作り方 患者さんから共感・信頼をいただく Q .患…
  3. 2021-4-8

    新型コロナワクチン接種予約システムを提供する「STORES 予約(ストアーズ 予約)」、 北習志野花輪病院にて採用決定

    ヘイ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 裕介、以下「hey」)が運営するオンライン予約シ…

ログイン

ページ上部へ戻る