「メディシステムソリューション」がクリニック・介護施設向けクラウド勤怠管理システムの提供開始

株式会社メディシステムソリューション(本社:東京都品川区、代表取締役:藤澤 功明、以下「メディシステム」)は、クリニック・介護施設における複雑な勤務体系に対応したクラウド勤怠管理システム『MediSTAR(メディスター)』を、2021年12月22日より提供開始した。

『MediSTAR』(メディスター)
http://medistar.app/

『MediSTAR』について

昨今「働き方改革」は一般企業だけでなく、複雑な勤務体系や医師の労働時間の見える化や長時間勤務の是正、IT化という課題を持つ医療や介護施設にとって、医療や介護における安全の確保以上に大きな関心ごとになってきている。
しかしながら市場には医療・介護施設に特化した複雑な勤務体系に対応したシステムが少なく、課題解決に向けた取り組みが難しくなっている。そこで、400以上の病院へのグループウェア、eラーニングシステム、勤怠管理システムやインシデント管理システムをはじめとするITソリューションの導入実績からの運用ノウハウをベースとして、また実際に介護施設を運営して長年かけて培ってきた医療や看護の課題を解決するための経験や知識を持つメディシステムが開発したのが『MediSTAR』である。
今後は、管理業務による本来の医療や介護業務の圧迫を軽減させるよう、インシデント管理、職員の労務手続きや研修管理などに対応した機能を追加する予定。クリニック・介護施設における医師や職員の働き方改革を支援するため、より一層便利な機能を拡充していく。

『MediSTAR』の特長/h3>
・複雑な勤務体系の勤怠管理がカンタンに
夜勤、当直、待機、複数回勤務などクリニックや施設ならではの勤務体系に対応。

・働き方改革法に柔軟に対応
残業を含む勤務実績や有給休暇取得状況をリアルタイムで把握。36協定の各条項の違反を未然に防ぐことができる。

・勤務シフト作成がカンタンに
職員の勤務希望を取り込み、調整しながら勤務表を画面上で簡単に作成可能。

・給与ソフト連携
勤怠データの出力フォーマットを給与システムに合わせたフォーマットに画面からカンタンに設定が可能。

・体温体調管理
職員の体温と体調をリアルタイムで管理。

・カレンダースケジュール機能で業務効率アップ
個人のスケジュールや設備予約を一元管理、共有が可能。

【利用料金】
初期費用無料、ひとりあたり350円/月
無料お試しあり(30日)。トライアルで使用したデータを、正式申し込み後もそのまま使用可能。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社メディシステムソリューション
所在地:東京都品川区東品川2-2-20 天王洲オーシャンスクエア22F
電話番号:03-5781-0812
E-mail:medistar_contact@medi-system.co.jp
URL: https://medi-system.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    アフターコロナのクリニック経営#12

    #12 クリニック経営冬の時代に事業承継を検討する Q .これからはクリニックの承継開業が…
  2. 2021-12-30

    クリニックを発展させる組織づくり#7

    スタッフとのコミュニケーションを深めるために飲み会が必要? この連載では、組織を成長させるマネジメ…
  3. 2021-12-28

    アフターコロナのクリニック経営#11

    #11 クリニック経営を充実するための医療法人・M S法人活用法 Q .医療法人やM S法…

ログイン

ページ上部へ戻る