初の医療施設内店舗「ユニクロ 済生会中央病院店」が3月16日にオープン

株式会社ユニクロ(本社:山口県山口市、代表者:柳井 正、以下「ユニクロ」)は3月16日、東京都済生会中央病院(所在地:東京都港区)1階に「ユニクロ 済生会中央病院店」をオープンする。医療施設内に、ユニクロが出店するのは初めて。

この店舗は、来院した人や入院中の患者、医療従事者に、必要な服を、必要な時に届けることを目指す。ユニクロオンラインストアの「店舗受取りサービス」などを利用すると、店舗にない商品も含めたフルラインナップから、必要な商品を購入できる。※1

※1 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部サービスの開始時期は未定。

ユニクロはこれまでも、利用者の幅広いニーズに応えるため、医療や介護を必要とする人の声をもとに「前あきインナー」の開発や、車いすのまま利用できる広い試着室の設置、視覚障がいを持つ人向けにお買い物をサポートするサービスの実施など、多くの取り組みを進めてきた。
今回病院内に出店することで、入院中の患者や医療従事関係者の意見や要望を直接、そして幅広く、正確に収集し、あらゆる利用者が着やすく、使いやすい商品やサービスを充実させるきっかけとしていきたいと考えている。

概要

・ユニクロ 済生会中央病院店
住所  :東京都港区三田1-4-17 済生会中央病院内 1階
交通  :都営大江戸線「赤羽橋」駅 赤羽橋口より徒歩3分
      都営三田線 「芝公園」駅 A-2出入口より徒歩10分
      東京メトロ南北線 「麻布十番」駅 3番出入口より徒歩10分
      都バス「赤羽橋駅前」停留所下車徒歩1分
売場面積:約13坪
営業時間:通常 8:30 – 20:00 / 時間短縮営業時 8:30 – 18:00
取扱商品:メンズ、ウィメンズ

なお、ユニクロでは、ケガや病気などで身体を自由に動かしにくい人でも着脱しやすい、高い伸縮性を持つ商品や、暖かさと軽量化を両立させ、身体への負担を軽減しながらも体温調節が可能なアウターなどを展開している。
これらの商品を紹介する特設サイト「医療・看護・介護のプロがおススメするユニクロ商品」(https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/seniorfashion/)では、医療・介護従事関係者の意見を活かした商品を紹介している。
また、その他にも、ユニクロ店舗が行う病院や施設への訪問販売や健康セミナーの開催など、地域の人々の暮らしに役立つ活動を進めていく。

ユニクロは、同社の服作りのコンセプトである「LifeWear」、および、済生会グループが実現を目指す「ソーシャルインクルージョン※2」の理念を融合させ、服・医療・福祉を通じて、あらゆる人々の生活をより豊かにするための取り組みを推進していく。ユニクロは今後も、このような医療機関との取り組みを積極的に実施していきたいと考えている。

※2 ソーシャルインクルージョンとは、日本語に訳すと「社会的包摂」、社会的に弱い立場にある人々を含むすべての人が地域社会に参加し、共に生きていくという理念で、済生会が目指す社会のあり方である。この理念はSDGsの「誰一人取り残さない」とする理念と同じくするもの。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ユニクロ
所在地: 山口県山口市佐山 10717‐1
電話番号: 083-988-0312
URL:  https://www.uniqlo.com

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-5-20

    データ利活用で進む個別化医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、中外製薬株式会社 プロジェクト・ライフサイクルマネジ…
  2. 2022-4-25

    行政が目指すデジタルシフトによる医療の姿

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、経済産業省 商務サービスグループ ヘルスケア産業課 …
  3. 2022-4-11

    医療AIで診療業務に専念できる環境を創出

    現在、CPA EXPOにてご講演いただいている、医療AIプラットフォーム技術研究組合(HAIP) 専…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る