施設基準管理システム「iMedy」、改定情報公開から4営業日で2022年度診療報酬改定対応のアップデート完了

iMedy株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:只友 裕也)は、2022年度診療報酬改定に伴う施設基準管理システム「iMedy(アイメディ)」(以下 iMedy)のアップデートを3月10日に完了した。
厚生労働省による3月4日の改定情報公開から4営業日で、iMedy内で2022年度の告示・通知・点数表を検索できるようになった。
iMedyの迅速なアップデートを通し、診療報酬改定対応で多忙な病院におけるスムーズな施設基準の届出を支援する。
iMedy URL: https://imedy.jp/

背景

診療報酬加算の一部である施設基準(※1)は、病院によっては施設基準が診療報酬全体の半分超を占めるケースもあり、その戦略的な届出は病院経営における重要な課題のひとつである。
2年毎に施設基準の算定根拠となる診療報酬が改定されるが、病院には改定の度に新ルールに基づいた施設基準の届出が求められ、短期間のうちに改定内容の理解、要件の院内調整および届出申請を終えなければならない。

【2022年度診療報酬改定の例】
・3月4日(金):次年度からのルール(告示・通知・点数表)公表
・4月20日(水):届出締切(※2)

iMedyは、病院の施設基準管理業務を効率化する機能のひとつとして告示・通知・点数表の検索機能を備えており、迅速に改定後の診療報酬をサービス内に反映することで、利用者のスムーズな届出申請を支援する。

※1:一定の人員要件や設備要件を充足している場合に、地方厚生(支)局長へ所定の届出を行うことにより、診療報酬の算定において通常よりも高い点数が算定可能となるもの。具体的には、看護師の配置を手厚くすることにより算定が認められる入院基本料等、約500種類の施設基準がある。(出典:厚生労働省「令和2年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況」用語解説)
※2:4月1日から算定する場合

今回のアップデートで可能となったこと

2022年度「告示」「通知」「点数表」の検索・閲覧およびExcel及びPDFでの出力が可能となった。

・改定直後の主な活用シーン:院内確認資料の作成
改定内容の公開後、病院では届出予定の施設基準に関し、医師や看護部など院内への関係者に要件確認をする必要がある。
例えば、iMedyで届出予定の施設基準に関する通知と点数表をExcel出力し、ひとつのファイルにまとめれば、院内確認用書類をスムーズに作成できる。

・今後公開されるルール等への対応
要件および点数表の訂正や、関連する疑義解釈についても、公開され次第適宜サービス内に反映する。

施設基準管理システム「iMedy」について

「iMedy(アイメディ)」は、施設基準に関する業務情報とノウハウを蓄積し、医療機関の情報資産を構築できるクラウドサービス。

【特徴と主な機能】
1.他院との比較 -ベンチーマーク機能
地方厚生局が公開する「届出受理状況」をデータベース化。
全国の病院との比較から、取得すべき施設基準を探すことが可能。

2.要件を確認・共有 -告示・通知・点数表・疑義解釈
告示・通知・点数表・疑義解釈をデータ化。
システム内で検索・閲覧・印刷が行える機能を搭載。

3.施設基準の管理 -職員一覧/施設基準一覧
病院職員情報・施設基準情報を登録し、届出に影響するアラートをもとに維持管理を行う機能を搭載。

4.適時調査対策機能 -適時調査対策
「適時調査実施要項」をデータ化。
『適時調査対策マニュアル』の竹田和行氏によるアドバイスコメントを見ながら事前準備を実施できる機能を搭載。

本件に関するお問い合わせ先

iMedy株式会社
所在地:福岡県福岡市中央区大名2-6-11
電話番号:050-5850-3399
URL:  https://imedy.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-10-3

    クリニック承継 買手の留意点 / 日本クレアス税理士法人 上田久之

    日本クレアス税理士法人、上田様にクリニックの事業承継における買手の留意点についてお話をお伺いしました…
  2. 2022-9-30

    【10/12(水)】患者が集まる「地域のかかりつけ医」戦略

    今夏、コロナ感染第7波により医療機関の診療業務はひっ迫し、医療者・患者どちらにも大きな混乱が生じまし…
  3. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る