弘前病院と弘前私立病院が再編し、「弘前総合医療センター」開院

青森県の地域医療構想に基づき、独立行政法人国立病院機構、弘前市、青森県、そして弘前大学が連携し整備を進めてきた地域の新しい中核病院「弘前総合医療センター」(所在地:青森県弘前市大字富野町1番地、院長:大熊 洋揮)が、4月1日に開院した。これに伴い、独立行政法人国立病院機構「弘前病院」と「弘前市立病院」は再編し、「弘前病院」敷地内に完成した新棟にて病院機能を提供する。外来診療は、4月6日に開始予定。

25診療科にて医療提供、津軽エリア初の「地域医療支援病院」に

「弘前総合医療センター」は、救急医療や地域医療のほか、災害拠点病院の機能など、弘前大学医学部附属病院に次ぐ規模の病院として、8病棟・442床・25診療科を備え、圏域の医療の中心的な役割を担う。糖尿病・内分泌内科、形成外科、救急科などが新設される。

また、津軽エリアではじめて、地域のクリニックや診療所を支援する「地域医療支援病院」としての役割を持つこととなり、①地域医療機関からの紹介患者に対する高度医療の提供、②医療機器や病床の共同利用機会の供与、③地域医療従事者に対する研修の実施などを実施する。「生命と人権を尊重し、良質かつ適切な医療を提供する」ことを目的に、高齢化が進む弘前市および津軽エリアにおいて、複数の役割をこなす中核病院として地域完結型の医療を目指す。
新棟には、新設となる救急科の救急外来エリアのほか、最新の医療機器(CT、MRI、血管撮影装置(アンギオ))を整備している。

弘前総合医療センター概要

・病棟数:8病棟
・病床数:442 床(一般病床 435床/新生児特定集中治療室[NICU] 3床、高度治療室[HCU] 4床)
・診療科数:25 診療科
・診療科名:
呼吸器内科、消化器・血液内科、循環器内科、脳神経内科、糖尿病・内分泌内科、 呼吸器外科、消化器外科、脳神経外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、救急科、歯科口腔外科、麻酔科
・常勤医師数:約70名

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人国立病院機構弘前総合医療センター
所在地:青森県弘前市大字富野町1番地
電話番号:0172-32-4311
URL:  http://hirosaki.hosp.go.jp/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-10-3

    クリニック承継 買手の留意点 / 日本クレアス税理士法人 上田久之

    日本クレアス税理士法人、上田様にクリニックの事業承継における買手の留意点についてお話をお伺いしました…
  2. 2022-9-30

    【10/12(水)】患者が集まる「地域のかかりつけ医」戦略

    今夏、コロナ感染第7波により医療機関の診療業務はひっ迫し、医療者・患者どちらにも大きな混乱が生じまし…
  3. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る