くすりの窓口「オンライン診療サービス」、診療予約件数昨年対比220%上昇。お薬手帳管理ツール無料提供中

「オンライン診療 by HOSPITAL SUPPORT」(以下「当サービス」)を運用している、株式会社くすりの窓口(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:堤 幸治、以下「くすりの窓口」)は、当サービスでの予約件数が昨年比約220%上昇したことを発表した。
また、くすりの窓口が運用する電子お薬手帳アプリ「EPARKお薬手帳」(以下、当アプリ)に、居住地などでオンライン診療可能な医療機関の表示を3月17日より開始した。指定の地域と診療科目別に対象医療機関のリストが表示される。このサービスは当アプリ内で提供され、ダウンロード、利用ともに無料。利用者は2022年3月末時点で300万人。

オンライン診療 受診予約実績について

2022年1月下旬頃からの感染再拡大に伴い、自宅で受診ができるオンライン診療サービスの需要がより高まり、2020年5月~2021年3月と2021年5月~2022年3月の受診予約件数を比較して約220%伸びた。(当サービスの開始が2020年5月であり、比較のため5月より翌年3月までの実績値としている。)

当アプリに追加された機能について

従来、都道府県や施設名称による医療機関検索機能を提供していたが、郵便番号登録によるオンライン診療可能な医療機関が分かる「あなたの街のオンライン診療」を追加した。これにより地域に密着したオンライン診療サービスの提供が可能となった。
  
【機能の特徴】
・自宅や職場付近など複数の郵便番号が登録できる
・登録した郵便番号からオンライン診療可能な医療機関がわかる
・検索後、アプリから受診予約ができる

お薬手帳管理ツール無料配布について

当アプリの利用患者より、「お薬手帳アプリが使えなかった」「登録している情報を見てもらえなかった」等という声に応え、医療機関向け当アプリのお薬手帳管理ツールの無料配布を2月17日より開始した。
詳細はこちら
https://okusuritecho.epark.jp/renew/medical?utm_source=prtimes&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=prtimes-2205&utm_content=all

EPARKお薬手帳アプリとは

当アプリは、300万ダウンロードを突破したお薬手帳アプリ(※)。スマートフォン向けアプリストアカテゴリ内お薬手帳アプリの中で2021年度TOTALランキング上位 No.1となっている。スマートフォンでお薬手帳の情報を管理することで、持ち忘れ防止や災害・緊急時の備えになる。
また、家族全員分のお薬情報をまとめて管理することもでき、調剤予約や自動で調剤情報が登録されるなどの便利な機能を多数搭載している。

※App Store:メディカル、Google Play:医療、2022年3月時点

アプリダウンロードはこちらhttps://okusuritecho.onelink.me/2372522206?pid=techo_hp&c=pr&af_adset=online0510&is_retargeting=true

本件に関するお問い合わせ先

株式会社くすりの窓口
所在地: 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル4F
電話番号: 03-6712-7405
URL: https://kusurinomadoguchi.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット / 名古屋大学大学院 教授 森健策

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割 / 社会医療法人社団光仁会 理事・法人本部長 吉田克己

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る