「自由診療に特化したクラウド型電子カルテMEDIBASE」がIT導入補助金の対象ツールに認定

株式会社メディベース(本社:大阪市北区、代表取締役社長:山路 規矢、以下「メディベース」)の「自由診療に特化したクラウド型電子カルテMEDIBASE」が、IT導入補助金の補助対象ツールとして認定を受けた。これにより、導入時にかかる費用の1/2(30万円~150万円未満)を補助金として受け取ることができるようになる。

IT導入補助金について

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する際の費用を国が一部負担することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的とした補助金。(https://www.it-hojo.jp/)
IT導入補助金を申請し、採択されると、導入時にかかる費用の1/2以内(30万円~150万円未満)を補助金として受け取ることができる。

「自由診療に特化したクラウド型電子カルテMEDIBASE」が、IT導入補助金の対象ツールに認定されたことにより、導入時にかかる費用(クラウド利用料1年分を含む)の1/2を補助金申請することができる。「クラウド型・自由診療特化の電子カルテ」で補助対象になっているのはMEDIBASEのみである。

「自由診療に特化したクラウド型電子カルテMEDIBASE」について

全国の美容皮膚科等の自由診療クリニック250院以上で利用されているクラウド型電子カルテサービス。特許を搭載した入力方法で、誰でも簡単に使えるため、紙カルテからの移行実績も多数ある。
また、CRM(Salesfoce)、予約システム(GMOメディカル革命、kwinchoice)、Web問診(シムビュー、メルプ)等とも連携可能なため、既に院内の一部をIT化されている自由診療クリニックでは、追加で電子カルテの導入もしやすい。

サービスの紹介はこちら
https://medibase.cloud/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社メディベース
所在地: 大阪府大阪市北区梅田2−2−2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19F
電話番号: 050-3503-4123
URL:  https://medibase.co.jp

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット / 名古屋大学大学院 教授 森健策

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割 / 社会医療法人社団光仁会 理事・法人本部長 吉田克己

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る