乳幼児の定期予防接種予診票のデジタル化の地域実証を実施

母子モ株式会社(本社:東京都新宿区、代表者:宮本 大樹)は、厚生労働省が実施する、自治体における予防接種電子化における実証事業を行い、予防接種システム実現について調査し、今後の論点・方向性等を示すことを目的とした「乳幼児の定期予防接種の予診票の電子化に向けた調査一式」を受託し、2022年1月下旬から2月下旬まで地域実証を行った。

本実証では、同社の予防接種に係る手続きのオンライン化を支援する『母子モ 子育てDX』の「小児予防接種サービス」(以下、「小児予防接種サービス」)を使用して、8自治体9医療機関で地域実証を行い、参加した保護者の97.9%、医療機関の77.0%から、「予診票の電子化が始まった際は、利用(導入)したい」との回答を得た。
また、本実証に先行して、2021年11月より千葉県市原市で「小児予防接種サービス」が導入されており、導入済みの医療機関では保護者の81.8%(同社調べ。2022年2月実績)が紙の予診票ではなく、デジタル予診票の利用を選択し、デジタル化へのニーズの高まりがうかがわれる。

厚生労働省からの本人(保護者)及び医師が従来求められていた署名に代えて、同意ボタンやチェックボックスにチェックを入れるなど簡易な方法により行うことができるという考え方の通知により、今後、同分野のオンライン化が推進されることが想定される。同社ではICTの活用により、子育て世帯の負担軽減と自治体や医療機関の業務効率化への貢献を目指す。 

・『母子モ 子育てDX』についてはこちら
https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx

地域実証結果について

本実証では、母子手帳アプリ『母子モ』を通じて、保護者は予診票の記入や提出などの予防接種に必要な作業をオンライン上で完了でき、自治体や医療機関は『母子モ』に記録された予診票や接種記録をオンライン上で確認・管理ができる「小児予防接種サービス」を使用した。
保護者には、スマートフォンで、接種スケジュールにあわせて『母子モ』からデジタル予診票の確認と入力を行い、接種に対する同意の自署の代わりに「同意して提出する」ボタンを押し、デジタル予診票を提出してもらった。
医療機関には、「小児予防接種サービス」を導入したパソコンやタブレットから「予診票・接種実績確認画面」にアクセスし、デジタル予診票と接種実績の確認、接種後には、接種記録を入力し「接種完了」ボタンを押下して予診票を自治体へ提出してもらった。

実証に参加した保護者と医療機関の関係者に、電子化された予診票を使った感想を聞いたところ、保護者からは「とても良かった」81.2%、「どちらかといえば良かった」18.7%と回答があり、全員が予診票の電子化を好意的にとらえている結果となった。医療機関では「とても良かった」15.2%と「どちらかといえば良かった」41.3%をあわせて6割弱が良かったと回答し、「どちらとも言えない」34.8%、「あまり良くなかった」8.7%となった。
さらに予診票の電子化が始まった際に利用したいか(導入したいか)と質問すると、保護者は「ぜひ利用(導入)したい」85.4%と「どちらかといえば利用(導入)したい」12.5%をあわせて97.9%が利用したいと回答し、予診票の電子化へのニーズが高いことが分かった。医療機関では「ぜひ利用(導入)したい」20.8%と「どちらかと言えば利用(導入)したい」56.2%をあわせて77.0%が導入したいと回答し、「利用(導入)したいとは思わない」と回答した人はおらず、予診票の電子化の推進に関しては、前向きにとらえられていることが分かった。

予診票のデジタル化においては、デジタルサービスで通常利用されているような簡易的な署名の効力、およびデジタルデータの真正性などのデジタル特有の問題点、懸念点がある。本実証等を踏まえ、署名等の法律上の解釈と、その解釈に基づく医療機関の手続きでの実行性、さらに手続きにおける身元確認、当人認証の手段を確認し、署名等に変えて「同意ボタン」等の簡易的な方法が、厚生労働省から「成長戦略フォローアップ(令和3年6月18日閣議決定)への対応について」(令和4年4月18日付事務連絡)にて示された。

・母子手帳アプリ『母子モ』についてはこちら
https://www.mchh.jp/

導入済み医療機関で8割以上の保護者がデジタル予診票の利用を選択

前述の地域実証に先行して、2021年11月より「小児予防接種サービス」が千葉県市原市に導入され、現在、市原市内の6カ所の医療機関で利用されている。
2022年2月時点で導入されていた4医療機関での実績では、デジタル予診票の利用率は81.8%で、8割以上の保護者が紙ではなくデジタル予診票の利用を選択している。また、実際に利用した保護者にヒアリングを行ったところ「これまで予診票の記入が面倒だったので本当に楽になった」、医療機関からは「紙の予診票だと何枚もあるので見落としがあるが、見落としが無くなる(まとめて確認ができて、問題があるときはパッと見てわかる)」など、保護者と医療機関の双方から便利になったとの声(※)があり、実運用においても、子育て世帯の手間の改善や医療機関での事務作業の軽減などの効果が実感されている。

今回の地域実証の結果および千葉県市原市での利用者の声を受け、同社では、小児予防接種サービスのさらなるサービス向上に加え、さまざまな子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス開発を行っていく。
今後もICTの活用により、保護者の妊娠から子育て期にかかる手続きの手間を削減するとともに、自治体や医療機関からの適時・適切な支援の橋渡しの実現に貢献する。そして、保護者の“不安や負担”を軽減し、“安心で簡便”な子育て社会を地域と共創することを目指す。

※同社調べ。2021年11月1日~2日 小児予防接種サービス導入医療機関で、医療機関担当者と利用した保護者へヒアリングを実施。

本件に関するお問い合わせ先

母子モ株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿三丁目20番2号 東京オペラシティ35階
電話番号:03-5333-6025
URL: https://www.boshimo.co.jp/

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るには / 社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川賀代

    社会医療法人石川記念会 HITO病院 理事長 石川様に医療サービスの質を落とさずに業務効率化を図るた…
  2. 2022-6-24

    クリニックにおける診断型支援AIのメリット / 名古屋大学大学院 教授 森健策

    名古屋大学大学院 情報学研究科 教授 森様にクリニックにおける診断型支援AIのメリットについてお話を…
  3. 2022-6-17

    外来機能分化によってクリニックに求められる役割 / 社会医療法人社団光仁会 理事・法人本部長 吉田克己

    社会医療法人社団光仁会、吉田様に外来機能分化によってクリニックに求められる役割についてお話をお伺いし…

ランキング

ログイン

ページ上部へ戻る