flixyとアイリック、医療機関の問診票におけるOCR機能の共同普及を開始

株式会社flixy(本社:東京都港区、代表取締役:吉永 和貴、以下「flixy」)と、株式会社アイリックコーポレーション(本社:東京都文京区、代表取締役:勝本 竜二、以下「アイリック」)は、アイリック及びアイリックの子会社である株式会社インフォディオが開発したAI-OCRソリューション「スマートOCR」のオプション機能である「スマートOCRクリエイトフォーム」(特許出願済み)をflixyの提供する「メルプWEB問診」(以下、「メルプ」)に搭載し、両社共同で全国の医療機関へ展開することに合意した。なお、医療機関への「スマートOCRクリエイトフォーム」を搭載したサービスの提供は、本件が初めてとなる。
本年8月より実証実験を開始し、順次、全国10万軒の医療機関・診療所を対象とした本格展開を推進する。

「スマートOCRクリエイトフォーム」で医療DXを推進

flixyが企画・開発する「メルプWEB問診」は、現在までに1,200を超える医療機関で利用されるWEB問診のリーディングサービス。従来は紙面のみで運用されていた問診(診察前の症状など質問)を、患者自身のスマートフォンで実施することを可能にするサービスで、医療DX(デジタル化)の一環として、医療機関の業務効率化などに寄与している。

これまで、メルプを導入する多くの医療機関は、メルプを中心とした問診運用に移行する一方、スマートフォンを持たない高齢者や介助が必要な患者への配慮のため、部分的に紙の問診票の利用を継続する場合があり、多くの医療機関から「包括的に電子(デジタル)管理をしたい」との要望が寄せられていた。

この度、flixyとアイリックの協業により、「スマートOCRクリエイトフォーム」をメルプの機能として搭載。これにより、医療機関では紙の問診票を撮影しアップロードすることで、問診票の内容を高い精度でテキストデータ化し、メルプに反映することが可能になる。
flixyとアイリックは本件協業により、医療機関における一層の業務効率化や、患者のスムーズな問診回答環境の提供を推進する。

「メルプWEB問診」について

「メルプWEB問診」は、現役医師が医療機関向けに自ら開発した、受付の負担軽減と、患者の待ち時間を1/30に短縮することを可能にするWEB問診システム。2022年6月現在、導入医療機関数は1,200を超え、医療機関での普及実績No.1(flixy調べ)のシェアを有している。各予約システム・電子カルテと連携でき、問診内容も自由にカスタマイズすることが可能で保険証やお薬手帳などの画像回答やシェーマ回答などの補助機能も充実している。
「メルプWEB問診」webサイト
https://monshin.melp.life/

「スマートOCRクリエイトフォーム」について

「スマートOCRクリエイトフォーム」はAI-OCRにおけるデータ抽出設定(テンプレート作成)を誰でも手軽に行えることをコンセプトとしている。従来のAI-OCRでは既存の紙文書をもとにデータ項目の抽出設定を行っていたものを、「スマートOCRクリエイトフォーム」では発想を逆転し、既にOCR抽出設定済みの部品化された項目をマウス操作で配置する方法をとることで、印刷レイアウトをデザインするだけでOCR抽出設定まで完了することが実現可能となる。
また、OCR抽出設定だけでなく、WEBフォームの作成も同時に行うことができ、WEBフォームで収集したデータと紙からOCR変換によって抽出したデータを統合し、スマートOCR内で一元管理することが可能。
「スマートOCRクリエイトフォーム」は直観的でわかりやすい操作性から、誰でもすぐに利用を始めることができるため、システム担当者を介せずとも現場担当者によって柔軟な設問項目の変更を可能にする。
OCR変換されたデータ及びWEBフォームのデータはCSVファイルや、WEB-APIにて一緒にダウンロードすることができ、基幹システムやBIツールとデータ連携することで迅速なデータ活用にも貢献する。

「スマートOCRクリエイトフォーム」webサイト
https://www.smartocr.jp/solution/createform/

OCR(Optical Character Recognition):光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社flixy
所在地: 東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル6階
URL: https://www.flixy.co/

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2022-10-3

    クリニック承継 買手の留意点 / 日本クレアス税理士法人 上田久之

    日本クレアス税理士法人、上田様にクリニックの事業承継における買手の留意点についてお話をお伺いしました…
  2. 2022-9-30

    【10/12(水)】患者が集まる「地域のかかりつけ医」戦略

    今夏、コロナ感染第7波により医療機関の診療業務はひっ迫し、医療者・患者どちらにも大きな混乱が生じまし…
  3. 2022-9-12

    開業後も伸び続けるクリニックのカギは院長の経営意識 / 湯沢会計事務所 代表税理士 湯沢勝信

    湯沢会計事務所、代表税理士湯沢様に開業医が知っておくべき経営のポイントをお聞きしました。 湯沢様に…

ランキング

ログインステータス

ページ上部へ戻る