病院や薬局受付の『声』の聞こえづらさを音声認識でサポート

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸、以下「アドバンスト・メディア」)は、病院や薬局受付での会話の聞こえづらさを音声認識でサポートする、無料対面コミュニケーションアプリ「AmiVoice Com-Support(アミボイス コムサポート)」を11月5日にリリースした。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/com-support

 

背景

医療機関では高齢者や聴覚障がい者等、耳が不自由な方とのコミュニケーションに潜在的な課題がある。そうした中、病院や薬局受付における新型コロナウイルスの飛沫感染対策として、アクリル板やビニールカーテンの導入が広がっている。加えてマスクの着用も励行され、声が聞こえづらいという課題が浮き彫りになり、スムーズな対話を実現するための工夫が強く求められている。

「AmiVoice Com-Support」について

音声認識を使い、リアルタイムで会話を文字化する無料のiPadアプリ。医療・薬局向けの音声認識エンジンを搭載しており、専門用語もスムーズに文字変換する。インターネット等の外部ネットワークに接続しないスタンドアローン方式で音声認識を行うため、院外秘情報や個人情報等を含む診察や服薬指導時の会話等、重要なデータでも安心して取り扱い可能。
音声認識ウェアラブルマイクデバイス「AmiVoice Front WT01」があれば、誰でも無料でアプリを使用できる。「AmiVoice Front WT01」を使うことで、パーテーションやマスク越しの籠った音声も正確に文字化。また、付属のネックストラップや、専用ネックバンドアダプターを併用すれば、書類の記入や案内等を行いながら非接触(ハンズフリー)で音声認識を行うことが可能。(アプリの起動には「AmiVoice Front WT01」が必要。)

「AmiVoice Com-Support」の機能

①ネットワーク不要のスタンドアローン音声認識でリアルタイムに会話を文字化
ネットワークを使用しないスタンドアローン方式のため、個人情報等を扱う機密性の高い会話でもセキュリティを担保しながら安心して使用できる。会話は音声認識により即座に文字化され、タブレットに表示される。

②病院・薬局向けの医療専用辞書を搭載。医療用語や薬品名もスムーズに認識
専門用語や薬品名等、医療関係の用語に特化した専用辞書を搭載。通常の音声認識エンジンでは変換できない、特殊な用語もスムーズに文字化。今後、介護辞書・汎用辞書の搭載も予定。

③手書き機能・テンプレート機能・単語追加機能を搭載
画面をなぞって文字が書ける「手書き機能」、よく使う定型文を簡単に呼び出せる「テンプレート機能」、固有名詞等、変換したい言葉を登録できる「単語登録機能」を搭載。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社アドバンスト・メディア 医療事業部

所在地:東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 42階

電話番号: 03-5958-1045

E-MAIL: info@advanced-media.co.jp
URL: https://www.advanced-media.co.jp/