TOP

診療所の経営課題を最短で解決する相談ラウンジ

DOC TOKYOは開業医がそれぞれの思いを実現するための言わば「経営参謀室」です。
DOCコーディネータが開業医の経営に関する悩みに寄り添い、「財務・人事労務・経営管理」「集患・ブランディング」「ICT」の各分野の専門家をコーディネートします。専門家は、開業医の皆さまを全力でサポートする志の高いメンバーです。あなたがより良い医療を想い続ける限り、私たちも共に歩み続けます。※ドクター会員は永年無料でご利用頂けます

開業されている先生より推奨の声を頂きました

2018年は診療報酬のダブル改定という大きな分岐点を迎えます。 将来的に医療費が削減される事は自明であり、医療従事者は今まで以上の業務効率化が求められます。 この課題を解消する要素は、” ICTと医療の融合”ではないかと考えます。シームレスな医療IT環境は、我々の業務を支えてくれます。 一方で、現場が必要性を感じても、全てのメーカーを訳隔たりなく導入することは困難です。 私たち医療者にとって、真に必要としているものは、現場を良くする技術であり、共に手を取り合い前進できる仲間なのです。 DOC TOKYOは、我々の思いを体現している場所です。 企業の垣根を取り払い、開業医にとっての「最善」を常に展開していく、未来の医療業界に対して重要な役割を担っているのではないでしょうか。

柴垣圭吾先生

柴垣圭吾先生

<柴垣圭吾先生 プロフィール>

医療法人社団明洋会 柴垣医院の理事長。都内3箇所で透析クリニックを展開。透析システムや電子カルテなどを早くから積極的に活用してクリニックの業務効率化を進めている。 ホームページ https://www.shibagakinaika-cl.jp/

<メディアパートナー>

最新情報・アーカイブコンテンツの提供やドクターへのインタビュー、セミナー案内、各種取材をして頂くメディアパートナー各社
日本医療の『イノベーションラグ』を解消すべく、医療ICTの促進に寄与する情報提供、マッチング、具体的なアクセラレーションも行なう総合メディア
1975年4月創刊。 読者は、全国の中小病院・開業医が中心に全国の医科大学や基幹病院の主要医局、国公私立病院の勤務医をはじめ製薬企業およびMRにも愛読者が増えています。
財務・税務分野の報道に特化した新聞社として唯一、日本新聞協会に加盟するエヌピー通信社。創立68年の老舗専門新聞社が、すべての開業医に向けて発行している。